netgeek

0

【衝撃動画】感電した猿を仲間が救命することに成功

腹BLACK 2014年12月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

インドの駅にて撮影された猿の懸命な救助活動の動画がYOUTUBEにアップされ、大変注目を集めている。

カンプールの鉄道駅、線路上で目撃された猿はぐったりと気絶していた。

doctormonkey1

2匹の猿が近寄ってきて様子を窺うがぴくりとも動かない。

ふと上を見上げると電線が。

doctormonkey2

おそらくこれに感電して気絶してしまったのだろう。高圧電流が流れているのでかなり危険な状態だ。

仲間とみられる猿は懸命に救助活動を行う。

doctormonkey3

「起きろ!起きてくれ!」と言わんばかりに体をゆすったり、首を噛んだり…。早く目を覚まさないと電車が来て轢かれてしまう。

プラットホームでは大勢の人が固唾を呑んで見守る。

doctormonkey11

これはもうダメかもしれない。感電したらひとたまりもないんじゃないだろうか。

どうしても気絶したままなので猿は最後の手段に出ることにした。

doctormonkey4

よっこらせと持ち上げて…。

すぐ側の水が溜まっている側溝にどぼーん!

doctormonkey7

なんと突き落としたのだ。その後何度も体をゆすり必死に起こそうとする。

と、そのときあろうことか電車が来てしまった。

doctormonkey12

なぜこのタイミングなんだ。せめてあと5分あれば…。2匹の猿は一体どうなったのだろう。

電車が通り去った後には仲良く毛づくろいする2匹の姿が!!無事だったのか!!

doctormonkey6

こうしてまるで映画のワンシーンのような光景を多くの人が目撃し、助けたほうの猿を「ドクターモンキー」と呼び褒め称えたのであった。

http://youtu.be/QHl3nklAy08

予備動画(http://youtu.be/m5WiGFIUH2A

ただ一方では専門家によっては、自分より立場が上のサルが弱っているのを目にしてここぞとばかりに日頃の恨みを晴らしていたという見方をする者もおり、見解が分かれている。動画を見ると確かに攻撃しているようにみえなくもないが…。真相はいかに。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!