netgeek

48

小保方晴子の裏ストーリー~38兆円の巨大利権がSTAP細胞を脅し潰した~

腹BLACK 2014年12月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

結局STAP細胞は再現できず小保方晴子は理化学研究所を辞めさせられる形となった。しかし、こんなバカな話があるものか。何か違和感を感じないだろうか?

STAP細胞は本当に1人の女性がでっちあげた嘘だったのか。netgeek編集部が裏のストーリーを推察してみた。

晴子はこれまで真面目一筋で生きていきた。

haruko-obokata-kodomo-01

授業を真面目に受けていたので早稲田大学に推薦で入学できることになり、学部は以前から興味があった分野の研究ができる理工学部応用化学科を選択。周りの学生が遊んでばかりいるのを尻目に私は将来研究者になって人々の生活をよくする発見をするんだと張り切って日々研究に取り組み、院にも進学。

論文をいくつか発表しネイチャーにも掲載された。2008年には世界最高峰であるハーバード大学に留学し、胞子様細胞の最先端研究に取り組む。

2010年、晴子はふとしたことから幹細胞が酸性の刺激で性質を変えるのではないかということに気付いた。

刺激惹起性多能性獲得を英語でいうとstimulus-triggered acquisition of pluripotencyなので頭文字をとってSTAP細胞。これはすごい発見をしたと大喜びし、ネイチャーに論文を提出し、特許を出願するもあえなくリジェクトされてしまう。

コメントは「これまでの生物学界の歴史を愚弄している」。論理的な説明がなくおかしいと思った。何か変だと思いつつもとにかく悔しかった。幸い周囲の人間は功績を認めてくれたので若くして理化学研究所のユニットリーダーに就任しSTAP細胞の研究を続けられるようになった。

マウスで検証を繰り返し、万能性が確認できると研究ノートに率直な気持ちをこう記した。「陽性かくにん!よかった」。共同研究者達も「これはノーベル賞ものだ!!iPS細胞なんかよりはるかにすごい」と声高らかに喜んでくれて全てが順調だった。

しかし、世間に発表した後に恐ろしいことが起きた。

6d0fbd6fe99716e1d02d126c57e20bf0

マスコミに褒め称えられるようになるのと同時に不審な脅迫状が届くようになったのだ。「今すぐ研究をやめろ」、「このままSTAP細胞を世に出すととんもないことになるぞ」。ただのイタズラだと思い、気にしていなかったがすぐにマスコミが奇妙なまでに手の平返しを見せ始める。

まただ!以前、論文がリジェクトされたときと同じようにまた奇妙なことが起きた。どうしてなんだろう。

マスメディアでは毎日のようにSTAP細胞捏造疑惑が報じられるようになり、卒業文集まで掘り返される。ろくに話したこともない同級生が「嘘つきだったよね~」と雑誌の取材に答えていて頭にきた。

さらに脅迫状は毎日のように届くようになり、何者かに階段から突き飛ばされたのを機に身の危険を感じるようになる。その頃、受けた週刊新潮の取材に対して晴子は「何か大きな力が働いているように感じています」と語った。

誰もが信じてくれない中で晴子はただ本当にSTAP細胞が存在するということだけを伝えたくて会見ではっきりと宣言した。「STAP細胞はありまぁす!」。思いのまま伝えようとした言葉はテレビ・ネットで面白おかしくネタにされて逆効果。もう何をしても裏目に出た。

そんな中、マスコミに叩き続けられる中で唯一心の支えだった共同研究者に不幸が起きた。

60aa23e64057e4f6958bbbd141332d34_6747

共同研究者の笹井芳樹が自殺したのだ。「おかしい!そんなはずはない!一緒にSTAP細胞で世界をよくしようと誓い合ったのに。実験でSTAP細胞を再現すれば私達が正しいと証明されるのに…。何で!何で…」。

自宅で絶望に打ちひしがれる中、電話が鳴った。「お前も笹井と同じようにしてやろうか」、「誰!あなたが殺したの!?」、「STAP細胞の再現実験には失敗しろ。さもなくばお前を消す。警察に言っても消す。お前がとれる選択肢はひとつしかない。失敗しろ。」、「ふざけないで!あなたは誰なの!」、ブチッ。電話はきれてしまった。

犯人は誰だ。STAP細胞ができると困る人物。医療・製薬業界か!STAP細胞が世に広まれば38兆円もの利権が失われることになる。きっと私を脅しているのはとんでもなく巨大な組織に違いない。

既得権益を持つものはあらゆる方法で自らの利権を守ろうとする。なんせ38兆円ものお金がかかっているんだ。とんでもないことになってしまった。どうしたらいいんだろう。

結局、脅しに屈して再現実験はわざと失敗した。

190054710-1397095516_l

悔しい。晴子は本当はSTAP細胞をつくれるのに。姿が見えない巨大な敵の前で為す術なくただ泣くしかなかった。晴子はまだ生きたい。殺されたくない。

自らの命を守るため、マスコミの取材から逃げてひっそりと身を隠すことにした。どうしてSTAP細胞なんてつくってしまったんだろう。夢のような万能細胞は地獄の門を開いてしまったのだ。人々の生活をよくするために真面目に生きてきたのに、どうしてこんなことに…どうして…。

関連記事:小保方晴子を陥れたA子の裏ストーリー~STAP細胞は私のミスから生まれた幻想なんです~

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (48)

  1. こういう推察、馬鹿馬鹿しいからやめないか。実験でSTAP細胞ができていないのは紛れもない事実で、STAP細胞は仮説でしかなくなった。

     
  2. 有名になるはるか以前の博士論文の時から他人の論文を盗用していたことの説明はつかないね。

     
  3. この人、他の記事でも早稲田ageすごいなー
    下村文科相から資金でも出てるの?

     
  4. 38兆円は日本の医療費か。
    確かにSTAP細胞みたいな夢のような発見があると、医療職は必要なくなる。

     
  5. 面白い小説だね。
    小保方氏、笹井氏、若山氏はSTAPは画期的な研究だと信じていた。笹井、若山氏はその画期的な論文の共著者になりたかった。両氏は双方ともお互い、相手がデータチェックしているものと思い込んでいた。だから自らはしていなかった。それが根本原因ではないだろうか?それで相手にその責任を押し付け合った。
    小保方氏はやはり未熟な研究者だった。STAPは発現するもの又は発現したものと信じていた。彼女が最初のインタビューで、「これは50年、100年後に貢献する研究です」と言っていたのが印象に残っている。つまり現症では極めて不安定な状態若しくは未だ確認されていない状態でありることを十分認識していた。でも再現実験をやらされるに決まっているのに、「過去200回成功しました、STAP細胞はあります」と言えるだろうか?彼女は稀代のペテン師なのかもしれない。又は単なるドリーマーか?

     
  6. 理研が利権獲得のために小保方さんが居なくなった後にSTAP製作を成功させるというシナリオを信じて疑わない。
    わざわざすぐばれる嘘をそんな大っぴらに公表しないでしょ………

     
  7. うわ、すごい妄想!
    これはこれで想像力があっていいけど、STAP細胞が本当にあっても38兆円にはならないよ。

     
  8. 一見馬鹿っぽいがそんな小説や映画のような話を実際にやってきたのが利権団体の歴史だろ。
    そしてドラマのような勝利を勝ち取る話だってある。STAP細胞を独占できれば国家規模の陰謀だって巡らすのが「謎の組織」だろうね。
    まぁ、どこからどこまで圧力が及ぶものなのか知らないが。でも南朝鮮国家にいいようにされるがままになりかけた国が我が国日本だからな…。あー、本当のところはどうなんだろ?

     
  9. >理研が利権獲得のために小保方さんが居なくなった後にSTAP製作を成功させるというシナリオ
    ずいぶん前から噂が立ってますね。小保方女史が発見者になれば理研が巨大利権を思うように使えなくなる。真相はどうなんでしょう?

     
  10. USAのFRBに逆らうとこう言う事になるんでしょうか。
    現在FRBの鼻息がかかってない所は
    世界中に2つしかありません。
    1つはSONYが最近どこかのボンクラを
    バロディにした所と、中東の1つだけです

    したがって、世界の通貨を指揮してる
    誰かの妾にならないと、有る、無しにかかわらず消されます。

    まー。私だったら
    えーいうるさい❗️と、外へ出ますが。

    ブルーLEDの様にはうまくいかない様になってるだけです。

     
  11. こういう物語で書いちゃうと嘘くさいけど、潰されたのは事実であり、彼女はスケープゴート。

     
  12. 普通に考えたら、すぐバレるような嘘を発表するなんてことはしないだろうに。

    何かしら裏があるんだろう。

     
  13. 犯人はiPS細胞関係者じゃね?
    STAP細胞ができちゃえばiPS細胞はいらなくなるもんね

     
  14. 本当に存在しないなら、それを世に発表してしまった理研は日本の恥だろ?
    日本の科学局は、ろくな確証もない捏造の発表を全世界にしてしまった事を忘れてないか?
    散々と馬鹿にしている、アジア圏のあの国,この国と同レベルなんだな。日本は。

    最早、彼女の話云々はどうでもいいよ。
    何故、こんな間抜けな結果になったのかが知りたいわ。

     
  15. こういう「STAP細胞は本当はあるけど潰された」という陰謀を信じてる人たちは、ネイチャーに論文掲載されていて、世界中の科学者が真偽を検証できる状況にあることを、どう考えてるの?

    裏の組織は世界中の科学者の言動をコントロールできるの?

     
  16. アホくさ
    10点満点中2点かな
    悲劇のヒロインに仕立て上げるには公に不正と認められてもおかしくない決定的な証拠についての説明を入れろよ

    写真の盗用とか論文の盗作とかよ

     
  17. 本当のならば、IPSの森口のように不正・捏造ですでに終わった話
    それなのにこのような擁護が続くのは
    STAP事件の裏にある本当の謀略に触れられたくないから
    それはセルシードを中心としたインサイダー疑惑
    たもむから、こっちの方面でも創作してくれよ

     
  18. こんな話を信じるやつって、よほどおめでたいかよほど頭が悪いんだろうな。

     
  19. まぁ、いかにも反感買いそうな作り話だけど、概ね当たってると思うよ。

    つか、笹井さんが自殺したと思ってる日本人は世界を知らなさ過ぎでしょ。
    殺されたって考える方が自然。

     
  20. こ、こんな秘密を公にしてしまったら筆者も追われる身に。
    かわいそうに。。

     
  21. しょーもな。
    日本の医学会が利権のために全世界の科学者を口止めしとんのかね。
    そっちのが金かかりそうだけど。

     
  22. 小保方かわいそうだな。
    STAPがあるか ないかに最早焦点を
    あてる必要はないでしょ。
    コメントをしてる人達は大層賢い人達なんだろうけど。
    多分、小保方の方が君達より
    よっぽど賢いぞ?
    そんな彼女が ふと思い立ち
    良し!でっちあげて世間を騒がしてやろう! ってなるかどうか。

    あくまで確率だけど
    いきなりでっちあげなんてしないだろ? 確実にばれるのに意味無いでしょ。
    みんなマスメディアに踊らされすぎ。
    排他的すぎ。 右向け右!かよ。

    実際にあるか どうかはわからんが
    何かしらの力はあるんじゃないか。

    それも今となってはわからんが
    小保方も君達も 同じくらい可哀相。

     
  23. まったく阿呆だよな〜( ´Д`)=3
    80%以上の成功率をだしてるクローン細胞よりも、50%以下のなんちゃら細胞を研究するんだもん…
    あの時、ブッシュに反論してクローン研究してたら今頃、ドナー登録なんて阿呆なものにすがらなくても済んでたんだよ…(ヽ´ω`)

     
  24. ネイチャーに論文が発表され、世界中で研究者が検証し誰も再現出来なかった事の理由が明確に説明出来てからこういうムー的な発想は初めて真実味を持つと考える。

     
  25. 38兆円の利権が絡んで巨大組織が暗躍ね(-_-;)
    もしそうなら小保方は発表すら出来ないと思うが…。
    どんだけ後手に回る巨大組織だよ?

     
  26. せめてタイトルにフィクションであることの旨を書けよと思う。
    意図的に勘違いさせようとしてるのか?

     
  27. 陰謀論好きの後輩がドヤ顔でいいねしちゃってて可哀想なのでフィクションならフィクションとちゃんと書いて下さいね

     
  28. コメント欄を見て小保方さんの発言とこの裏ストーリーが真実であることが実感できる。

    否定したい思惑を持つ人は失敗したね。

    やはり金もあるが、軍事的な部分が大きい。
    今回の事件はやり方に余裕が無さすぎたね。
    まさにパンドラの箱を開けた結末だと理解できた。

     
  29. 理系の人間からすると、ちょっと穴だらけすぎる妄想だな。
    もし裏の世界の話をするなら、彼女が工作員でハニートラップだったと考える方が自然。
    不誠実なレポートを出して平気な人間が裏と繋がりを持ってしまい工作員に仕立てられたってところだろう。

     
  30. 不可解なのはそんな100%バレる嘘を小保方含めまわりのその分野におけるトップの人達が発表しようとおもったのかを。
    普通ならそんなことはしない。
    だからこそ不可解。死んだタイミングもなにかおかしい。全て決着がついて、結局嘘つき扱いされたから死ぬ、なら分かるが疑惑がでた直後にしんだからなぁ…

     
  31. 盗用していたという情報自体が情報操作によるものかもしれないし、本当に盗用していたのかもしれない。
    ま、今の世の中、世紀の大発見過ぎるものを発見、発明したら、たくさん敵に回しそうだけどね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!