netgeek

2

小保方晴子さんのSTAP細胞、利権団体に潰されたという新説がFacebookで大量シェア中

腹BLACK 2014年12月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ついにSTAP細胞の存在を証明することができないまま理化学研究所を退職してしまった小保方晴子さん。

今でもSTAP細胞は必ずあるものという姿勢を崩しておらず、退職の際には「再現が出来なくて悔しい」と無念さを感じていることを伝えた。

そんな中、Facebookに投稿された「小保方晴子さんは利権団体に潰されたのではないか」という説が多くの支持を集め始めている。

かなり長い文章なので4つにわけて紹介しよう。じっくり丁寧に読めばけっこうな納得感のある文章になっているので是非ご覧あれ。

(1)STAP細胞が普及してどんな病気でも治るようになると38兆円もの利権がなくなる。

nakamurayasusi1

眉唾ものの話に聞こえるが、過去には多くの新技術が握りつぶされ、今なお普及しないようになっているものが多くあるという。

(2)石油・製薬・軍需の3つの利権が世界を操ってきた。

nakamurayasusi2

水で動く自動車を開発していたスタンリー・メイヤーは毒殺されたというリアルな話も出てきて驚き。

小保方さんもそうなっていてもおかしくなかったということか。そういえば、理研センター長でSTAP細胞にかかわっていた笹井芳樹はもうこの世からいなくなってしまった…。これには何か裏があったのか。

(3)闇の支配者については暴露本も出版されている。

nakamurayasusi3

この長文エントリーには1万ものいいね!と2900ものシェアがついており、今も拡散され続けている。STAP細胞は本当は実在したのだろうか。

ページを更新する度に増えるコメントには驚き。かなりの反響だ。

nakamurayasusi4

小保方晴子さんの会見を見るとどうにも嘘をついているようには思えない。そもそもありもしないものを「作れた」と言って後で絶対にバレるような嘘をつくのは不自然だ。

もしかすると小保方さんは利権団体に脅されているのではないだろうか。

「STAP細胞は再現できなかったことにしろ」などと強要されている可能性も無きにしもあらず。そして笹井芳樹は権力に逆らい命令に従わなかったから消された。こう考えるとやけに納得がいくストーリーになるではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. ロスチャイルド家が、将来有望なSTAP細胞を闇に葬ったとすると、
    なぜロスチャイルド家は、
    事業的にも頭打ちが見えているIPS細胞を支援し、本命のSTAPを潰す必要があるのか?
    世界を動かせるのに充分な金がある一族が、なぜ勝ち馬を取り込まない?

    そんな頭悪い一族が、世界を裏で支配している訳ですか。

    大量にシェアされてるのは、ツッコまれているからでしょ。

    見え透いたデマ振りまいてる暇があるなら、再現実験に成功した人を探しましょう。
    世界中に専門家は何万人も居るんですから、STAPが本物なら、天下のロスチャイルド家でも、再現実験をしらみ潰しには出来ませんから。

     
  2. 薬は継続的に患者が摂取するので儲かる、臓器移植等で治ってしまっては搾り取れない、透析なんかも継続的にお金が搾り取れるうまい事業、そこを潰されるのなら、STAP自体を潰すのはわりかし納得できる話。

    ニコラス・テスラがモルガンから出資を切られて干されたように、今でも余裕であるでしょ利権がらみの問題は。

    アメリカのベクテル社だってどこからどう見ても薄汚れてるよ・・・
    研究を続けるにはお金がいる、研究者が異論を唱えたらお金引っ張れなくなるよ、だから異論を唱える研究者なんて基本いないのよ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!