netgeek

0

Googleが新しいマネタイズ方法「Contributor by Google」を発表!寄付すると広告が非表示になる

腹BLACK 2014年11月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Googleはサイトに寄付すると広告が表示されなくなる「Contributor by Google」を発表した。まだ試験段階で一部のサイトのみに使われているだけだが、今後は様子を見て誰でも使えるようになると思われる。

Contributor by Googleは読者がサイト運営者を応援する新しい方法。

contributor

建前は広告が非表示になるということだが、実際にはサイト運営者を応援する意味合いで使われそうだ。皮肉にも最近のウェブサイトはGooleが始めたクリック課金型の広告「Googleアドセンス」のせいで広告で溢れかえるようになってしまった。そんな汚いインターネットに殴りこみをかけるサービスだ。

コアなファンが多いサイトほど安定した収益を得られるようになるのが特徴。

contributor2

サイト運営者はこれからPVやUUではなく、募金してくれるコアなファンの数を重視するようになるかもしれない。それにしても、このContributor、普及すればアドセンスとカニバリ(シェアの食い合い)を起こすため、Google内ではGoサインを出すのに相当な決断が必要だったはずだ。

Contributorは月1ドル、2ドル、3ドルの寄付が設定できるようになっている。

contributor3

一度設定すると毎月自動的に支払われるようになるというわけだ。上限の300ドルというのはおそらく今後様子を見てあげていくのではないか。いっそのこと無制限にしてほしい気もする…。

一度寄付すると広告がThankyouメッセージに切り替わる表示される仕組み。

contributor4

まだ詳細は明らかにされていないが、おそらくアドセンスと連携させた仕様になるのだろう。リピーターになればなるほど広告は踏まなくなるというからサイト運営者にとってこの新サービスはありがたい。

現在は海外6サイトが試験導入に協力している。

contributor5

uRbaN、the ONION、ScienceDaily、wikiHow、Mashable、imgurの6サイト。Contributor がどんなものか試しに見てみたいと思い、6サイトをチェックしてみたが、まだ普通の広告が表示されるだけで確認することはできなかった。

サイトのファンから募金を募るという意味ではクラウドファンディングと似ているこの新サービス。

新しいマネタイズ方法として大変普及しそうだ。日本上陸はいつごろになるのだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!