netgeek

0

オランダの労働環境が天国だと言える9つの理由

腹BLACK 2014年7月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

薄給・長時間労働で従業員を酷使するブラック企業問題が取り沙汰される昨今、あなたは海外の労働条件がどうなっているのかと気になって調べてみたことはあるだろうか。法律が違えば企業のあり方も当然違うわけで、海外の人は日本人からすると信じられないような条件で働いていたりするものなのだ。そして幾多ある国の中でも、とりわけオランダは労働環境が極めて先進的だという。一体、日本とはどこが違うのか、リスト形式でお届けしよう。

(1)残業は法律で禁止
JWT-Office-Amsterdam-by-Alrik-Koudenburg-RJW-Elsinga-face
サービス残業ではなく、「残業」自体が禁止されている。そのため、労働時間は最大で朝9時から夕方5時までの8時間。

(2)基本的に週休3日制
KH_INSERT_2_A4_m
土日に加えて、平日の中で1日を休みにするのが普通となっている。人によっては休みをうまくとって週休4日制にする人も。

(3)女性の就業率は70%。ちなみに日本は66%
e0149934_4493727
長時間労働を強要されないので子育てに時間を割きたい女性でも働きやすい環境が整っている。

(4)パートタイム雇用の平均時給は2000円
quantum-1
パートタイムとして雇用されても、給料はけっこういいのだ。

(5)ワークシェアリングが普及しているため労働時間が短い
o0480064312071487387
日本では仕事量が増えるとすでにいる人に割り振るが、オランダは人を増やすという方法をとる。

(6)副業を制限するルールがない
45375b2ad9ecb69409602b647348ea6c
パートタイムの仕事を掛け持ちしたり、自分で事業を興す人が多い。そういえば日本の副業禁止ルールってたいして正当性ないような…。

(7)病気になったら無条件・無制限で休める
image_03
実にシンプル。治ったら復帰すればいいのだ。

(8)正社員とパートに待遇の差別がない
Netherlands
違うのは労働時間だけ。そのため、正社員とパートタイマーの間でどちらが偉いかという立場の違いもない。

(9)解雇された場合は最長で3年間、給与の70%を保証する失業保険が受けられる
3473349049_a59ff59764_b
労働者に優しすぎるんじゃないかと思えるような保険制度。いや、そもそも保険ってこういうものなのかもしれない。

以上9つ、驚くことばかりでその先進性には感心させられる。ここまで緩い労働条件であっても、一人当たりのGDPは世界13位(日本は24位)、労働生産性は11位(日本は19位)と優れた結果を残しているのがまた驚くべきところ。

試しに日本でもワークシェアリングを取り入れてみると労働条件に波及的に変化が生まれて面白いことになりそうだ。就職難により、高学歴であってもフリーターになってしまう人が多い中、企業は一部の人を酷使するよりは、より多くの人を雇って仕事量を分散させるほうが生産性は高まるのかもしれない。

【おまけ動画】
オランダは大不況を乗り切るためにワークシェアリングを考えだし、大成功した。
http://youtu.be/dJTlrTVe4DI

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!