netgeek

1

「Google Mapを騙してみた」 スマホ99台で渋滞と誤認させることはできるか!?

netgeek 2020年4月19日
 

Simon Weckertさんがアーティスティックに行った実験が興味深い。テクノロジーで最先端を行くGoogleはデジタルでは強くとも、意外とアナログなやり方には弱いのかもしれない。

渋滞と誤認させられるか。

Simon Weckertさんは99台ものスマートフォンをカートに乗せ、道路を歩くことでGoogle Mapを騙す方法を思いついた。

まず99台もネットに繋がったスマホを用意するのが大変だが、赤いカートを見ると確かに山盛りにスマホが入っている。画面を見るに、Google Mapを起動した状態のようだ。

盛大な実験にもかかわらず、実行は地味。ただとぼとぼとゆっくり歩いているだけなのだ。

リアルタイムでGoogle Mapを確認したところ、緑色で表示されていた道路が見事にオレンジや赤に変わった。見る限りでは車は全然走っていないので、これはSimon Weckertさんのハッキングが成功したということで間違いない。

場所を変えても次々と成功。

こりゃ面白い。「やってやったぜ!」という心境だ。

動画は海外で有名になり、テクノロジーの裏を解明しつつ盲点を突く面白い実験だと盛り上がった。

外国人の反応

・Google Mapの仕組みがよく分かった

・Google「右に曲がってください」人「なんで!?スカスカなのに!」

・彼は今もどこかを歩いて渋滞を起こしている

・うちの近所を渋滞表示にして快適にしてほしい

・これで渋滞なく帰宅できたら楽そう

・Googleが終わるときが来た

・レストランでも応用効きそう

・実は彼はポケモンGOもやっています

・スマホ同士の距離が動かないからGoogleは見抜けそうだけどね

・次はGoogle Map上に赤線でアートを作ってみよう

・新しいA.S.M.Rだ

・アップデート来るぞ

・南アフリカでは道路の真ん中を歩くと轢かれます

このアナログなアイデアは応用が効きそうな気がする。実務面で商売の役に立たせることができたりして…。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!