netgeek

0

体の大きさが半分しかない子猫、ピルパグは愛くるしい個性を誇る

netgeek 2020年3月2日
 

年齢の割には体の大きさが半分しかない。そんな小さな猫が群れの中で発見された。

特に気になる存在。

Broken Tail Rescueでボランティアとして働くHeather Fontaine-Doyleさんはある日、里親が必要な猫の群れについて連絡を受けた。その中に後に「ピルパグ」と名付けられる子猫がいた。

「猫の集団を見たときにとても驚きました。子猫というよりもリスのような生き物が一匹だけいたのです」

推定、生後5週間のピルパグは体重が8オンス(約226.8グラム)しかなかった。

体が小さいにもかかわらず元気いっぱいで勇敢。Heatherさんが一日中、つきっきりでスポイトでご飯をあげたこともあり、ピルパグはゆっくりと体重が増えてきた。人間によく懐いており、ポケットの中に入っていつも一緒だった。

9週間経った頃にようやく体重が理想に追いついた。

「ピルパグはびっくりするぐらい遊ぶのが好きで、人懐っこい性格です。体を動かすことには慣れたようですが、家具に飛び乗ることはできません」

ピルパグは足が短いうえに折れ曲がっているのが特徴。これから体の使い方について専門のセラピーを受ける予定だ。

7ヶ月で3ポンドになり、周囲のものによじ登ることはできるようになった。なんとか人間の側まで登ってきて腕で昼寝するのが日課。数ヶ月経ってもこの習慣は変わらない。

室内ではどこでも人間についてきてまるで影のよう。

まだまだ体は小さめだが、これも一つの個性。

ピルパグはとても可愛らしい猫だ。もし人間に保護されなければ辛い生活を強いられていただろう。親切な人に見つけられてよかった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!