netgeek

0

「ねないこだれだ」のGoogle画像検索を子どもに見せてはいけない13の理由

腹BLACK 2014年6月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「ねないこだれだ」というお化けの絵本をご存知だろうか。なかなか夜寝ないで遊んでいる子に対して教育も兼ねてこの絵本を読んであげるとすっかりいい子になって寝てくれると評判のロングセラーだ。

350_Ehon_213
その「ねないこだれだ」のGoogle画像検索の結果が今とんでもないことになっている。一体誰がつくったのかは分からないが、様々なバリエーションが勝手に作られて氾濫しているのだ。ひとつひとつ画像をみていくと、もはや子どもを寝かせる効果がなくなるものばかり。この記事では「ねないこだれだ」のGoogle画像検索結果を子どもに見せてはいけない13の理由を紹介しよう。

1.お化けが困っている
nenaiko1

2.同情してしまう
nenaiko3

3.お化け自身がダメな子
2808967i

4.ヘタレ
d545ce05_1261867682842

5.迷路で遊んでしまう
20071222221144

6.子どもが泣く
20100313043319

7.楽しそうでワクワクしてしまう
d545ce05_1261867659703

8.教育上よくない
980508i

9.子どもが喜ぶ
569470

10.夢に出てきそうなほど怖い
20080226221115

11.正義のヒーローっぽくなってる
nenaiko13

12.続きが読みたくなる
nenaiko5

13.笑ってしまう
o0340034512035843924

以上13枚、寝る前に子どもに見せると色々な意味でダメな画像ばかりであった。

他の絵本ではここまでGoogle検索が汚れていないのに、なぜか「ねないこだれだ」だけこのような異常状態に。PCソフトの普及で誰でも簡単に画像加工ができるようになったとはいえ、一体誰がこのような面白いコラをつくっているのだろうか…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!