netgeek

0

保護されたウサギ、テディベアを抱いて離さない

netgeek 2019年11月30日
 

イギリスで保護されたウサギのナイジェル(オス)はいつもテディベアを抱えている。愛情に飢えているのかもしれない。

自分と同じ灰色のテディベアがお気に入り。

ナイジェルはどうやらこのテディベアと共に捨てられたようだ。ある寒い日、ロンドンのルイスハムにて道端の箱の中にいるのを目撃され、保護団体のRSPCAが保護した。幸いにも怪我はなくとても健康だった。

▼ナイジェルが見つけられた場所。

RSPCAのエミリー・スコットさんによると2018年はイングランドとウェールズだけで1,693羽のウサギが保護されたのだという。

「毎年、数千もの動物を保護するので、覚悟がないのなら安易にペットにしないでほしいです」

ナイジェルはその体つきから見るにもう十分大人だと思われる。

ところがすごく甘えん坊なのだ。きっとこのテディベアとは小さい頃からずっと一緒なのだろう。

ナイジェルは現在、里親を探しているところ。もちろん相棒のテディベアもセットだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!