netgeek

1

人類未踏。動物の未知の世界20の真実

netgeek 2019年11月14日
 

動物の研究というものは進んでいるようで進んでいないのが実情だ。わずか10年ほどで定説が覆ったり、理論が間違っていることが分かったりすることも多々ある。

この記事では動物の知られざる真実をまとめてみた。

1.熊っぽい犬がいる。なぜここまで熊に似ているのかは自然のいたずらとしか言いようがない。

2.動物は見た目が似ていると我が子のように可愛がることが多い。ナマケモノは実は熊によく似ている。

3.猫の体はテトリスみたいな形になる。自由自在に体を変形させられるのだ。

4.アヒルはけっこう垂れる。たれパンダならぬ、たれアヒルというキャラができそう。

5.猫は重力をも超越する尊い生き物だ。

6.サイは孔雀と協力して面白いコラボ写真を撮らせてくれる。堅物に見えて実はユーモアのセンスが抜群だ。

7.顔が真っ黒な羊がいる。断じてフォトショップの加工画像などではない。

8.トラは結構色にバリエーションがある。白い虎はアイスのパリパリバーみたいだ。

9.カモノハシの子供はとても可愛い。

10.尻尾に追いつける犬もいる。

11.アメリカにはFBIの猫がいる。

12.胴体がながーい牛がいる…という目撃情報がある。

13.犬はワニになれる。

14.アザラシは口元に手をあてて「うふふ」と笑うことがある。

15.このハムスターはおそらくフロッピーディスクを食べた。

16.レッサーパンダの威嚇は可愛い。

17.ゴージャスなヤギがいる。

18.ハムスターはネズミなのになぜか眺めているだけで人間の心を癒やしてくれる。

19.猫はけっこう自撮りを楽しむ生き物だ。

20.人間の数倍はあるカモメがこの世に存在するらしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

  1. 親熊が抱っこしてるのは子熊だけど、確かに耳が隠れてナマケモノに見えなくもなくもない。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!