netgeek

0

カンニングを防ぐために工夫する14人の先生

netgeek 2019年11月10日
 

テクノロジーの進化でハイテクなカンニングが容易になった。学校ではカンニングを防ごうとあの手この手が使われている。

カンニングを防ごうとする14人の先生。

1.高いところに登って生徒を監視する先生。生徒たちは笑っている。

2.ついたてを置くスタイル。確かに隣の答案は見えないかも。

3.新聞紙をかぶるスタイル。すごくガサガサ音がなってうるさそう。

4.ダンボールをかぶるスタイル。おまけにかなり席も離している。

5.紙製の帽子。競走馬みたい。

6.スマホを事前に没収しておく。確かにスマホがあれば簡単にカンニングできてしまうからね。

7.宗教みたいな見た目。雨乞いしてそう。

8.電子機器を持っていないか検査。イヤホンやカメラがあったらアウト。

9.野外でテスト。原始的だけど効果的そう。

10.ドローンを飛ばして監視。集中できないよ!

11.監視カメラでチェック。問題があったらすぐ電話で連絡か。

12.教室のスペースに限りがあるときはやはりこの方法が一番やりやすいかも。

13.昔からカンニング防止の工夫はあった。が、隣を堂々と見ている…。

14.傘はけっこう良いアイデアかも。華やかな雰囲気。

先生とカンニングの戦いは今日も続いている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!