netgeek

1

CBCテレビの社長、和田政宗議員に謝罪へ

netgeek 2019年7月18日
 

選挙中の和田政宗議員に一線を越えたリプライを送ったCBCテレビ報道部(@CBCNews5)について、社長が直接謝罪する意向であることが分かった。

前回の記事:炎上中のCBCテレビ、2015年の説教ブーメランが発掘されてしまう

事務所に連絡があった。

和田政宗議員のツイートを見るに、やはり謝罪だけがほしいわけではなく犯人が気になっている模様。CBCテレビは「売名行為」という投稿内容について報道部全体の意思ではないと否定しつつも、問題の投稿を行った人物が誰なのかは不明という立ち位置を崩さない。

今もなお乗っ取りの可能性を残しているのは和田政宗議員からすれば釈然としない思いだろう。

もっとも、ネット上の批判を受けてかCBCテレビも対応を変えつつある。当初、公式HPに掲載した釈明文とはまた別に新たな説明を加えたお知らせを公表した。

Twitterアカウントにログインできたのは複数名のスタッフで、現在、弁護士も交えて調査中だという。

調査は、当該アカウントにアクセス可能な複数人を中心に全報道部員から、弁護士等外部によるヒアリングなどを実施し、あらゆる可能性を排除せず、調査に臨んでおります。

https://hicbc.com/tv/corporation/newsrelease/20190716_newsrelease.htm

しかし犯人特定にはそんなに時間がかかるものなのだろうか?このまま迷宮入りさせることなく、しっかりと特定に繋げてほしいものだ。

もともと和田政宗議員は騒動以降、CBCテレビの対応に不満を漏らしていた。特に「不正アクセスなら警察に被害届を」という主張は的を射ている。

CBCテレビにはこの点もしっかり事実関係を開示して中立なメディアとしての説明責任を果たしてほしいものだ。

なお、中日スポーツの記事によると、問題のツイートを消したのはCBCテレビではないという。

出典:https://twitter.com/Ponakiti/status/1150532589125455873

であるならばやはり社内の人間がプライベートアカウントと間違えて投稿した「誤爆」である可能性が高い。CBCテレビは時間を引き伸ばして風化を図ることなく真摯に対応してほしいものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!