netgeek

1

CBCテレビ、2018年にも誤爆 「富川悠太は気持ち悪い」「ネトウヨが静か」にいいね

netgeek 2019年7月15日
 

和田政宗議員の言行に対し、「ちょっと小突かれただけ。売名行為」と投稿したCBCテレビ報道部公式Twitter。過去にも同様の誤爆を行っていたことが分かった。

前回の記事:【悲報】CBCテレビが和田政宗議員にリプライでケチをつける誤爆

まずはその後の動きから。

CBCテレビは非常に言葉巧みな表現で炎上の鎮火を図ろうとした。釈明文をより分かりやすく言い換えるなら以下のように翻訳することができるだろう。

・弊社報道部の意思に基づくものではありません→担当者が勝手にやった

・報道部員が投稿した形跡は確認できません→証拠はない

・調査をしっかりと進めるとともに→調査結果を公表するとは言っていない

要するに「たぶん担当者の誤爆だろうが、証拠がないから乗っ取りの可能性をにおわせて責任をうやむやにしておきたい」という意思の現れだと思われる。Twitterでも同じように解釈した人が多く、CBCテレビの釈明にはツッコミが殺到中だ。

さらに暴言を吐かれた被害者である和田政宗議員もCBCテレビの対応に納得していないと言及する。

CBCテレビはこのように誤魔化す路線をとるのではなく、担当者が誤爆(アカウントを間違えて投稿)したということを認め、処分を発表すべきだった。こんな言い逃れでは到底納得することはできない。

あるいは乗っ取りだと主張するのならせめて不正なログインがあったというメールの通知文(Twitterは届くはず)やIPアドレスのログイン履歴を見せるべきだった。当然、Twitterユーザーはそういった事情を知っており、さらに「乗っ取り」が誤爆の言い訳に使われる典型だということも知っているわけだ。

さて、前置きが長くなったが本題はここから。

CBCテレビは2018年にも誤爆していたことが分かった。

いいねの履歴を調べるとなんと2018年12月の「ネトウヨが静かね」という投稿に堂々といいねを押している。中立な立場で報道を行うべきメディアが堂々とこのような投稿にいいねを押すとは思えず、これもまたアカウントを間違えた誤爆だと思われる。

さらに2018年11月には報道ステーション・富川悠太アナウンサー(テレビ朝日)に対する悪口にもいいねを押していた。

こうした複数の誤爆を見るにやはり今回の和田政宗議員の騒動も乗っ取りではなく、担当者のケアレスミスが原因だったと推察される。

この状態から言い逃れするのはかなり難しいので素直に認めてはどうか。CBCテレビは一刻も早くテレビ朝日と富川悠太アナにも謝罪したほうが良い。

続き→炎上中のCBCテレビ、2015年の説教ブーメランが発掘されてしまう

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

  1. CBC 中部日本放送の親会社は
    愛知県に本社が有る中日新聞社
    そして東京新聞(中日新聞東京本社)も同系列のようですから
    社員のこういほぼ本心の呟きというのは
    裏アカウントとで仲間内で呟くのが
    たまたま表に出たのでしょうかね?

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!