netgeek

0

青汁王子こと三崎優太社長が辞任を発表。14億4千万円の納税も公開

netgeek 2019年5月11日
 

多額の税金に絡む不祥事を起こした株式会社メディアハーツの三崎優太社長が5月10日に代表取締役社長を辞任すると発表した。

一からやり直す。

投稿は2月6日の「ストラディバリウスを買う」というツイート以来だ。「美容とITの融合を目指して」というキャッチフレーズを使うメディアハーツ(東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル5F)が主力としていたのはすっきりフルーツ青汁。この商品について架空の広告宣伝費を計上したことが国税局から問題視された。

▼原宿ではFABIUS Cafeもオープンしていた。

メディアに出る際についた呼び名は「青汁王子」。騒ぎになる直前には日本の税金が高いことに苦言を呈し、海外移住を宣言していたが、間に合わなかったようだ。

三崎優太社長は謝罪投稿とあわせて問題となった期に会社で14億4千万円を納税していたと明かした。

ネット上では「ここまで税金を支払っていたら嫌になる気持ちも分かる」と少なからず擁護する声も…。

「税金が正しく使われるのならともかく、使途には納得できない」

三崎優太社長はテレビカメラの前でそう話していた。

▼2018年の投稿。まさに自分が海外に行くところだった。

日本の富裕層が海外に逃げてしまうというのは深刻な問題だ。成功した人物が税金の安いシンガポールやドバイに移住するという話はよく聞く。

▼三崎優太社長は仮想通貨(暗号通貨)の取引でも大儲けしていた。

会社経営者を辞め、これからどうするのだろうか?また会社を興すか、それとも…。ネット上では「タレントになるかも」「YouTuberでもいけそう」などという声が飛び交っている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!