netgeek

8

【大阪府知事選挙】間違いを指摘された小西禎一候補、ふてくされてしまう

netgeek 2019年3月22日
 

大阪府知事選挙に立候補中の2人がテレビに出た際、小西禎一(ただかず)候補が信じられないほど子供じみた行動を見せた。

日本中がざわついている映像。

小西禎一「都構想は初期コストで1,500億円かかるんですけどね!」

吉村洋文「それは間違いです。初期コストは500億円。よく言われる1,500億円というのは15年間のランニングコスト」

吉村洋文氏が話している間、完全に背中を向け、ついには頬杖をついてしまった小西禎一氏。自分に向けて話している相手がすぐ横にいるのにこの態度はあまりにも失礼ではないか。

吉村洋文氏は話しながらも何度か小西禎一のほうを見て態度を気にしているようにも思える。動画の最後あたりで小西禎一は「そうです」と言っているのだろうか。声が小さくていまいち聞き取りにくいが、いずれにせよこの態度は酷い。まるで先生に間違いを指摘されてすねてしまった小学生のようだ。

ネット上ではこの動画が拡散され、どちらが信頼できる人間かは明白と盛り上がった。

小西禎一氏はなぜここまで失礼な態度をとってしまったのだろうか?「別の人を見ていた」「モニターを見ていた」という可能性もなきにしもあらずだが、頬杖をついたのは言い逃れできないと思う。

【追記】

おそらく小西禎一氏はフリップを見ていたと思われる。しかしそれにしても相手に背を向けて机に肘をつくのはマナーが悪い。テレビに出演しておきながら自分がどう見られるか考えていなかったのだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (8)

  1. 印象操作は維新の得意技 2019年3月22日 at 5:51 PM

    こういう切り取った印象操作は良くないです。
    映像の最後にパネルが映ってる(見切れてる)でしょ。
    そこに映った「絵と数字の間違い」について、吉村洋文氏は説明してるのです。
    その確認のために小西禎一氏はパネルを見てるのです。
    (一枚目の写真にパネルがありますね。宮崎哲弥氏の隣が司会者席です)
    そしてパネル横には司会者がいてその司会者とも少し言葉を交わしてます。
    実際にテレビを見てましたから間違いないです。

     
  2. >>印象操作は維新の得意技

    印象操作するのはいつもパヨクとマスゴミじゃん。
    何言ってんだか。

    選挙勝てるといいですねえwww

     
  3. 大阪市ヘイトスピーチ規制条例で言論弾圧する維新は応援できません 2019年3月23日 at 12:20 AM

    この番組は討論番組じゃなく自分の考えをアピールする番組でしたので、
    吉村洋文氏は宮崎哲弥氏や視聴者に向かって説明をしていました。
    一瞬であっても頬杖をつく態度が失礼だというならば、
    机に肘をついて説明してる態度もまた失礼だと言えるでしょう。

     
  4. パネルの訂正は
    司会者にでもさせるべきでは?
    候補者は常に前向いてTVの前に居る有権者に語らないと
    せっかくの機会を無駄にしていると思いましたが

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!