netgeek

2

バーガーキング、ライバル社の広告を燃やしてタダ券GET

netgeek 2019年3月22日
 

アメリカのハンバーガーチェーン大手であるバーガーキングがAR(拡張現実)技術を使った面白いキャンペーンを始めた。

ライバル社の広告を燃やそう!

なんと看板が真っ赤な炎に包まれており、驚いてしまう。

が、実はこれはARのカメラでそう見せているだけ。現実に燃えているわけではないのでご安心を。燃え終わるとワッパーのタダ券が表示される。

使い方は簡単。まずバーガーキングの公式アプリから「BURN THAT AD(その広告を燃やせ!)」を選ぶ。

そしてライバル社の広告をカメラに写す。すると自動的に燃え始めるのだ。どういう仕組みなのか分からないが、実に面白い。

街中でハンバーガーショップの広告を探そう!

チラシでもできてしまう。

さらにPCモニターに表示したFacebookページでもOK。ちゃんとハンバーガーの部分だけを認識して燃やしている。

日本企業ならここまで攻撃的なマーケティングはできないが、ここまで過激に攻め込むのがアメリカ企業の面白いところ。これこそまさに炎上商法と呼ぶべきものかもしれない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. ユーモア心あふれる発想やなww

    日本ならブラック企業の看板燃やせばクーポン発行できるのやろうぜ!

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!