netgeek

11

【炎上】韓国が出した威嚇証拠、画像加工の痕跡があると騒ぎに

腹BLACK 2019年1月25日
 

韓国国防省が公開した5枚の証拠画像について「高度を裏付ける証拠にならない」という見解に加えて「捏造も疑われる」という見方が広まっている。

解析にかけてみると一発で分かる。

まずはこちらが韓国が公開した証拠写真。艦艇から哨戒機を撮影したもので、海面こそ映っていないものの、韓国はこれを高度60mだと主張した。

ではこの画像をFotoForenSicsで解析にかけてみよう。白くなった部分に注目。

画像内で異なる圧縮レベルにある領域を識別するELA(エラーレベル分析)で、テロップの他に機体も引っかかった。おそらく韓国は機体が近距離だったと誇張するために拡大して実際よりも大きく見せたのだろう。その際、一部分だけ圧縮率が変わったのだ。

なお、画像加工の痕跡があることは目視でも確認できる。明らかにドットが大きくなっており、画質が荒くなっている。

実際には哨戒機はもっと小さく映っていたに違いない。実際の映像を公開してしまうと自国に不利な証拠になるから、画像を捏造して公開することにした。その際、前回の反省を活かして海面が映っている部分はカットしておいた。…そんなところだろう。

哨戒機の大きさは全長38mなので高度60〜70mというと機体を縦に2機並べた高さということになる。

「低空飛行での威嚇」と言うからてっきり以下のような写真が公開されるのかと思っていたが、実際には遠くのほうに小さく映っているだけだった。

しかもそれも捏造の疑いあり。そもそも韓国は公式HPYouTubeの反論動画でもインチキな加工写真を載せており、加工はお手の物と思われる。

要するに韓国は火器管制レーダー照射問題をツッコまれると相当まずいということなのだろう。必死で誤魔化すために嘘に嘘を重ねて論点のすり替えを図っているにすぎない。

今回、画像加工疑惑が浮上したのだから韓国はしっかりと映像も公開すべきだ。「短いから」などと意味不明な言い訳をしている場合ではない。

おまけ。最新の動きまとめ。

公開画像から位置が分かった。中国に近い位置だ。

岩屋防衛大臣は低空飛行の威嚇を否定。動機もないと説明した。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (11)

  1. ネットで即時に捏造が指摘されていた件ですね
    証拠になっていない画像を出してしまうあたり、あちらは挑発しているつもりなのか、あるいは嘘ついているうちに正義は我にありとさらにおかしくなってしまったのか
    あちらの人々は常人には計り知れない思考回路を持っているようです

     
  2. 韓国はもう後がないんだな
    政府も韓国がどう言おうが粛々と制裁を実行しろ!
    断交まではせずとも即ビザ開始と輸出入制限しろ!

     
  3. これ、間違ってるよ。
    JPEGのブロックノイズを拾ってるだけ。
    ソースがキャプチャー画像だし、テロップは韓国の放送局が居れたもの。

    試しにテロップ入れる前の画像をFoto Forensicsにかけてみれば分かるよ。
    これなんか使って試してみてね

    分析サイト FotoForensics
    http://fotoforensics.com/

    ソース画像(別のでもいいけど)
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190124-00000082-mai-000-view.jpg

     
  4. 自分でコメントしておいて御免なさい。
    デマ拡散の片棒を担がせちゃいました。

    前記事のコメントを削除できるならお願いします

     
  5. って云うか
    望遠レンズによる圧縮効果

    水平線が映って無いから
    高度も不確かですね

     
  6. 1枚目は分析するまでも無い。
    日本の哨戒機 P1 では無いから。
    どう見ても、プロペラ機のP3C。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!