netgeek

3

【炎上】韓国が自衛隊にレーダー照射。ロックオンが5分間も続く

netgeek 2018年12月22日
 

海上自衛隊のP1哨戒機が飛行中、韓国海軍の駆逐艦からレーダー照射を受けたことが明らかになった。

攻撃するという警告だろうか。

場所は石川県の能登半島沖の日本海。日本の排他的経済水域であり、韓国から警告される覚えは一切ない。海上自衛隊のP1哨戒機は韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を5分間も受け続けた。

▼海上自衛隊のP1哨戒機。

▼韓国海軍の駆逐艦。

レーダーはミサイルを発射する前にターゲットに照準を合わせるために使われるもの。いわゆる「ロックオン」で、いつでも攻撃が可能な状態になる。P1哨戒機としてはいつ攻撃されるのかと不安で仕方なかったに違いない。

哨戒機は駆逐艦に「どういう意図なのか?」と問い合わせたが、回答はなかった。

重要なことに今回照射されたレーダーは警戒用ではなく、火器管制用だった。火器管制用は電波の周波数が高く、特定のターゲットに照射し続けるので見抜くことができる。

韓国はすでに火器管制用レーダーを作動させたことを認めている。

言うまでもなく日韓関係はすでに冷え込んでおり、この攻撃予告がさらなる事態を招く恐れもある。

岩尾防衛相は強い口調で韓国に抗議すると宣言した。

その後、韓国国防省は「遭難中の北朝鮮の船舶を捜索しているときに位置を確認するためレーダーを照射した」という回答を行った。さらに韓国軍関係者は「より正確な火器管制用レーダーを使って探索していたところ、日本の哨戒機が偶然、範囲内に入ってきた」とコメントした。

これに対し日本側は説明が不十分だとしてさらなる追及をしていく構え。

韓国側はレーダー照射がどのような意味を持つのかまさか知らなかったわけではあるまい。故意にやった後に適当な言い訳をしたとしか思えない。

米軍ならすぐに撃沈していたに違いない。

続き→【炎上】自衛隊へのレーダー照射、韓国の言い訳に防衛省が反論

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 武器の使い方を知らない素人を乗せていたのか、北の船が空を飛んでると思っているのか(笑)

     
  2. 今回の事案は、許すべからず行為とみなす!
    安倍政権を支持します!即刻、国交を断つべし!
    世界の嫌われ者に、容赦する必要は無い!

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!