netgeek

0

絶対に遭遇したくない、海に住む13匹の巨大生物たち

lemon 2014年5月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もうすぐ6月、梅雨の季節が始まる。梅雨が終わればいよいよ夏が来る!夏といえばやはり青い海、白い砂浜が思い浮かぶだろう。今年の夏に海に遊びに行こうと早くも計画している人もきっといるはずだ。そんな海に住む巨大生物を13匹紹介しよう。こんなのと遭遇してしまったら…思わずすくみあがってしまうかもしれない。

1.エチゼンクラゲ
1.etizenkurage
くらげがこんなに大きくなるの!?と思ったそこのあなた、エチゼンクラゲは傘の大きさ2m、重さ150kgになるものもあるほどの巨大くらげなのだそうだ。

2.ナガヒカリボヤ
2.nagahikariboya
深海生物だそうだ。大きさよりも見た目にまず恐怖を覚えそう。

3.巨大マンボウ
3.manbou
マンボウといえば繊細というイメージがあるが、やはり大きいものは見つけるとぎょっとしてしまう。

4.ジンベイザメ
4.jinbeizame
大きな水族館ではよく飼われていて、なじみがある人もいるだろうが、実際遭遇したらあまりの迫力に驚いてしまいそう。

5.ヨーロッパオオナマズの幼魚の群れ
5.europenamazu tigyo
巨大生物とは少し違うが、ヨーロッパオオナマズの幼魚の群れ。何も知らない人からするとすぐ逃げたくなりそうなほど不気味である。

6.メガマウス
6.megamusu
深海にすむサメ。普段遭遇することはないだろうがもし出会ってしまったら…

7.ホホジロザメ
7.hohojirozame
大きさもさることながらその凶暴さでもよく知られているホホジロザメ。遭遇しないのが一番である。

8.ダイオウイカ
8.daiouika
最近非常に注目度があがったダイオウイカ。深海生物で見るのも珍しいが、もしこれがもっと浅い海にいたらと思うとぞっとしてしまう。

9.巨大マンタ
9.manta
マンタといえば水族館の人気者!しかしあくまでも水槽の中で優雅に泳いでいるからいいのであって、自分たちが泳いでいる最中はなるべく近づいて欲しくないと言うのが本音ではないだろうか。

10.オヒョウ
10.ohyou
聞きなれないかもしれないがオヒョウとはカレイの仲間だそうだ。かわいい名前とは裏腹に非常にがたいのよい魚である。

11.ロウニンアジ
11.rouninaji
アジのなかでは最大種のこちらのロウニンアジ。しかしそんなにおいしくはないらしい。

12.巨大淡水アカエイ
12.kyodaitannsuiakaei
こちらは海の生物ではないのだが、非常にサイズが大きいので紹介しよう。タイで見つかったアカエイだそうだ。川で泳いでいてこれと出会うなんて絶対想像もしたくない。

13.ゴリアテグルーパー
13.goriateguru-pa-
ハタの仲間に属するこちらの魚。なんとサメを飲み込むこともあるらしい。ハタのなかでは最も大きいそうだ。

以上13匹紹介したが、どれも、水中で出会ったら思わずぎょっとしてしまいそうなほど大きい生物ばかり。
海や川で遊ぶ際には危険には十分注意して楽しく遊んで欲しい。

これはやばい、と思うような生物に遭遇したら近づかないのが一番だろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!