netgeek

5

辻元清美「記者を無視した河野大臣、国民を無視したに等しい」←違う

netgeek 2018年12月12日
 

河野太郎大臣が北方領土をめぐるロシアとの争いでコメントを控えた件について、立憲民主党の辻元清美議員が厳しい言葉で批判した。

前回の記事:【炎上】河野大臣の質問無視、「ノーコメント」と宣言したのに記者がしつこく4回も聞いていた

これからロシアと直接交渉するのだからノーコメントに決まっている。

河野大臣は元々、先週の国会で「手の内を明かさないよう発言を控える。国益を守るためだ」と説明していた。それにもかかわらず12月11日の記者会見で記者たちがしつこくコメントを引き出そうとしたのだ。事前に一切ノーコメントと宣言しており、記者たちもそれを理解しているのに4回も質問するのはおかしい。

マスコミは一部のみを切り取って偏向報道することで河野大臣を攻撃しているが、国益を守るために発言を控える姿勢は正しいように思える。日本国民としてはむしろ記者のほうが間違っているように感じられるのだ。

だが、辻元清美議員はここぞとばかりに出てきて河野大臣を批判する。

「国民」と表現したところがやけに癪に障る。まず第一に記者は国民の代表ではなく、自社の利益のために政治家の発言を引き出そうとしているだけ。それが4連続でのしつこい質問に繋がった。

そして第二に散々国民を裏切った辻元清美議員がこのような発言をするのは厚顔無恥でしかない。関西生コンとの繋がりについて何ら説明しない辻元清美議員こそが国民を無視している状態ではないか。

「国益を守るために外交上のことはコメントを控える」という方針に何らおかしな点はなく、辻元清美議員はいちゃもんをつけているだけ。軽々しく「国民」という表現を利用しないでほしい。

続き→河野大臣、4日にノーコメントの理由を丁寧に説明したのに11日に記者がまた質問

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 何の問題もあらへんよ。
    あたいらに都合がいいようにマスコミが報道してくれるさかいに。

     
  2. 我々国民としては
    関西生コン支部の幹部等数人が送検された事に関して
    辻元議員との関係を答えて欲しいですがねぇ

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!