netgeek

6

ファーウェイ孟晩舟CFO、7つのパスポートを使い分け。中国公認のスパイか

腹BLACK 2018年12月9日
 

カナダ検察の調べによりファーウェイ孟晩舟(CFO、副会長)が7つのパスポートを保有していることが分かった。

言うまでもなくパスポートは1つのはず。

孟晩舟は過去11年間で中国旅券を4通、香港旅券を3通使い分けており、名前や年齢なども架空のものを使っていた。ニューヨーク連邦地検によるとこの7通以外にも偽造パスポートを持っている可能性があり、今後は国外逃亡の恐れがあるとのこと。

アメリカには33回出入りする中で目的に分けてパスポートを使い分けていたとみられる。香港の新聞は「中国と香港でパスポートを同時に保有することはあり得ない。唯一の可能性は中国政府に認められた特権スパイだということ」と指摘。

さすがに7通も持っていたらもう言い逃れできない。孟晩舟はパスポートの押収を認めることを条件に釈放を要求したが、中国政府が新たに偽造パスポートを発行して逃亡させたらたまったものではない。釈放は認められなかった。

ここでスマホやPCに埋め込まれるスパイチップを紹介しておきたい。ここまで小型だとは驚きだ。

日本政府が見つけた「余計なもの」とはこのような目的不明のチップのことを指すのだろう。その後すぐに政府機関と自衛隊でファーウェイ製品の使用が禁止されることになったのでもはやこれ以上の説明は必要ないはずだ。

ファーウェイ創業者の任正非CEOが人民解放軍の出身であることと無関係ではあるまい。

ようやく点と点が線で繋がり始めたといったところ。

他方でファーウェイ幹部はこれからも通常営業を続けると宣言。

もう潔く会社を解散してはどうか。世界各国の政府から排除され、創業者の娘である孟晩舟CFO・副会長も真っ黒であることが分かった。情報傍受という裏の目的があるにせよ、このまま無理に経営を続けても苦しくなるだけだ。

続き→【速報】ファーウェイ孟晩舟CFOの香港パスポート3通が公開された

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. そもそもファーウェイは人民解放軍のフロント企業なんだから、中国共産党公認のスパイなのは当たり前なんだって

     
  2. やっとスパイチップ取り上げたね
    でもこれはサーバー機で見つかったものだから、その辺の危険度を別記事にするべき
    脅威はスマホの比じゃ無いからね

     
  3. 特に名乗るほどの者でも有りません 2018年12月10日 at 4:42 PM

    日本のメーカーが魅力的なスマホを出してくれれば
    ファーウェイなど買わなくても済んだのにと思う。
    国産機はなぜ中途半端な出来損いばかりしか
    作れなくなったのだろう?

     
  4. ※3 国内メーカーもそれなりに作ってたけど、端末価格などキャリアがセールスするための売りが製造側にとっては割に合わなくて造らなくなったのでは?

    中韓はその辺なりふり構わずキャリアに合わせて薄利多売したのかも。
    日本製って魅力あるのを作ろうとすると高価になるから、多数のユーザーに買ってもらおうと価格抑えたもの作ればチープな出来になるよ。

     
  5. うわ~攻殻機動隊のヘカトンケイルみたいに、対象言語を指定するとどの端末から発せられたのか所有者確認・現在地特定ができるってことだよね・・・・・・・・

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!