netgeek

6

【速報】ファーウェイ孟晩舟CFOの香港パスポート3通が公開された

腹BLACK 2018年12月16日
 

ファーウェイのCFO兼副会長の孟晩舟について、カナダの裁判所が証拠として提示されたパスポートを公開した。

前回の記事:ファーウェイ孟晩舟CFO、7つのパスポートを使い分け。中国公認のスパイか

香港パスポートが3通。

火曜日、カナダの裁判所は孟晩舟CFOの3つの異なるID番号のパスポートを証拠として公開した。香港特別行政区行政長官の林鄭月娥(Carrie Lam)は「香港で有効なパスポートはいかなるときも一つだけだった」と証言する。

▼林鄭月娥。

パスポートの有効期限は3通とも2018年10月18日になっている。2通目と3通目は交換用として発行され、その時点で1通目は無効になった。

1通目のパスポートは2011年10月18日にMeng Wanzhouの名前で発行された。だが2通目はLiuという名前を付け足して2014年11月7日に発行されている。孟晩舟CFOによると、Liuというのは夫(Liu Xiaozong)の名字なのだという。香港の慣習に従って結婚後に夫の名字を前につけたとのこと。

ただし、香港の裁判所で正式な書類を確認すると2人が結婚したのは2007年だ。

その後、ファーウェイの法務部はこの名前は会社の記録と適合しないと回答。そこで孟晩舟CFOは2014年12月19日にLiuを取り除いた名前でパスポートを新規発行した。

3通目のパスポートが現在使っているもので、カナダ当局に押収された。

以上の説明は筋が通っているのでスパイ用に政府が発行したということではなさそう。名前が一部違ったのも旦那の名字ということであれば、合点がいく。

これで7通のパスポートのうち、3通は問題ないと確認された。

問題は残る4通の中国パスポートだ。

政治家のClaudia Moは「どうやって香港と中国のパスポートを同時に取得したのかが分からない。なぜ持っていたのかも分からない」とコメント。

▼Claudia Mo。

記者が「まだ中国のパスポートをもっているかどうか香港政府が調査するか?」と尋ねたら「もちろん。さらに、そのパスポートが今も有効かを調べる必要があります」ということだった。

手続き上、中国人が香港と中国のパスポートを同時に持つということはあり得ない。孟晩舟CFOが持っている他の4通の中国パスポートの真相はこれから明かされるだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 3つのパスポートのどこが説明がついてんだか馬鹿馬鹿しい。

    最初のパスポートの時点で結婚してた訳だし、その時点でどの名字で申請するのか、会社の届けと一致するのかは当然確認してる話。
    エリートが超多忙な身で名前の書き間違いで何度も入管に行くわけないだろう。バカじゃないんだから。

    この程度の言い訳で納得してるようだと、残りのパスポートも中国のペテンに簡単に騙されるんだろう。

     
  2. Carrie Lamは香港の行政長官でしょう。ファーウェイの人じゃないですよ。有名だからちょっと調べたらわかることなのに。

     
  3. 1通目は本人の意思で元の名前で申請して会社の記録とも整合が取れてて問題無かった。
    次に香港で長く暮らして現地の慣習に馴染んで2通目は夫の氏名に変更と記事に書いてある。
    夫の名前に変更した直後(約1か月後)に会社から指摘されて元の名前に戻して3通目を発行。

    2011年10月①最初は自分の名前で発行したけど、
    2014年11月②3年暮らして香港の慣習に馴染んで夫の名前に変えて、
    2014年12月③でも即座に会社から注意されて戻しただけ。

    全然矛盾してないぞ
    7枚同時に所持してたってデマが広がってるけど、過去の奴は無効なら問題ない

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!