netgeek

4

中国政府が報復措置を示唆「ファーウェイの孟晩舟CFOをすぐに釈放しないと深刻な結果を招く」

netgeek 2018年12月10日
 

中国外務省がカナダ大使に対し「孟晩舟CFOをすぐに釈放しなければ深刻な結果を招く」と警告したことが分かった。

前回の記事:ファーウェイ孟晩舟CFO、7つのパスポートを使い分け。中国公認のスパイか

これはやはりただの民間企業ではない。

中国外務省はカナダ大使を呼びつけ、理由もなく拘束したのは人権侵害だと抗議。本当はちゃんとした理由があるのだが、そこはアメリカの管轄だからカナダ大使としてはなんとも言えないところ。

カナダ大使が「釈放できない」と説明すると、圧力強化と報復措置が示唆された。

「深刻な結果」とは一体…。

ただの脅しとみて無視するのも一つの手だが、中国のことなので本当にやりかねない。

中国政府にとってファーウェイはそこまで大事なのか。

一方、カナダ政府は独自の判断で拘束したわけではなく、アメリカ政府の要請に従っただけなので、勝手なことはできないと説明している。

孟晩舟CFOは創業者の娘で相当な権力を握っているとみられる。

気になるのはなぜ7通もパスポートをもっていたのかということ。内訳は中国パスポート4通、香港パスポート3通で、中国と香港2種類のパスポートを持っている時点であり得ないことなのだという。

考えられるのは孟晩舟が中国政府の下で働くスパイであり、パスポートを偽造してもらったということ。もはや政府が発行したものなのだから偽造ではなく本物のパスポートだが…。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. そのうち戦争が起こりそう
    フォールアウトのように滅亡するのもあり得る気がする…

     
  2. もし中国が報復措置してきたら、使用禁止にした国が協力して中国富裕層の海外口座を凍結させれば良いと思う

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!