netgeek

1

【炎上】安田純平の出迎えにしばき隊メンバー

腹BLACK 2018年11月5日
 

沖縄・高江で暴れていたしばき隊メンバーが、空港で安田純平を出迎えていたことが分かった。不審な繋がりだと指摘されている。

なぜそこにいるんだ!

空港で撮影されたスキンヘッドの男性に注目してほしい。「おかえりなさい。安田純平さん。ほんとに無事でよかったです」というプラカードを掲げているが、何を隠そうこの人物はしばき隊のメンバーなのだ。

Tシャツには「WAR」という文字が確認でき、やはり政治活動家であることが分かる。

この男性は関西系のしばき隊(CRAC)で、現場のリーダー格だった人物。拡声器をもってグループをまとめていた。

高橋直輝こと添田充啓と一緒にいる。

※写真内の「CRACE」の文字は正しくは「CRAC」だと投稿者が訂正している

体格は小柄なほうだ。

着用していたTシャツはおそらくこのタイプ。安倍総理が目指す憲法改正は戦争に直結するのだと解釈を暴走させ、自分たちの抗議活動は「戦争に反対するための戦争」なのだと表現している。

調べたところ、プラカードのデザインはセブンイレブンのプリントナンバーがシェアされていることが分かった。

さらに野間易通も安田純平の出迎えを呼びかけていたことが分かった。

安田純平がしばき隊と密接な関係にあるのか、それともしばき隊が一方的に理念に共感したのかは不明。しかし、少なくとも安田純平が日本政府を恨み、反日思想をもっていることは確かだろう。

特に2015年にはTwitterで安倍政権批判をしたり、「チキン国家」とこき下ろすなど乱暴な言論が多くみられた。

参考:シリアで拘束中の安田純平さんに世論が冷たい10の理由

釈放された後も安田純平の思想は変わっていない。テレビに出演した際に、再び政府批判を行ったのだ。

反町理「過去に表明した日本政府に対する批判の気持ちは今も変わっていない?」

安田純平「パスポートを取り上げてまで危険地帯に行くのを制止する国は世界を見ると稀。表現の仕方については不適切であったと思うが、日本政府はかなり厳しく神経質な対応をとっているというのがある」

要するに政府批判のスタンスは変わっていないということ。全く反省していないようなのでおそらくまた危険地帯に行くだろう。

その後、安田純平はしばき隊とコンタクトを取ったのだろうか?両者には怪しい繋がりがあると指摘しておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 危機管理できないんだから行くな
    ガイドが居なくなってから来た見知らぬ2人組にほいほいついていって、自分でも不思議とか宣ってるんだから・・・・

    安田さんを大切にするのはいいが、それとジャーナリズムを大切にすることにはならない。
    今回の事はジャーナリズムを考え直すきっかけにしないといけない。
    そもそも英雄視することが間違い。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!