netgeek

0

banksyがシュレッダーの失敗を告白。リハーサルでは成功していた(動画あり)

腹BLACK 2018年10月19日
 

オークション会場で絵が落札された瞬間にシュレッダーにかけて世界の注目を集めたbanksy。その後、真相を明かすもう1本の動画がYouTubeで公開された。

前回の記事:banksyの絵は切断されていない。刃の向きがおかしいので2枚の絵をずらしただけのマジック説

いつものようにInstagramに投稿。

TwitterやFacebookはやっていないbanksy。Instagramにてこのように投稿した。

「プロフィールにあるリンクを見てほしい。本当はシュレッダーにかけられていないと考えている人もいる。シュレッダーしたよ。オークション会場が共犯だと考える人もいる。共犯ではない」

Instagramでは投稿にリンクが掲載できない仕様なのでやむを得ずプロフィール欄に記載したようだ。リンク先はYouTubeの1本の動画だった。

動画には「Girl with Ballonをシュレッダーにかける。ディレクターズカット」というタイトルがつけられており、未公開シーンが含まれている。注目すべきは2:36から。リハーサルの様子が映っているのだ。

絵はこのようにローラーで送られる仕組みになっていた。

しかし刃の向きがおかしいのは相変わらず。しかも、はんだごての熱い部分を持っている。この点は疑問が残る。

会場ではやはり潜入した工作員がリモコンで作動させていた。種明かしの映像を挟んでくるところが面白い。

リハーサルでは絵は最後までシュレッダーにかけられている。本当はこうなるはずだったのだ。

しかしなんらかのトラブルでシュレッダーは途中でとまってしまった。結果的には途中で止まったことで絵が飾りやすくなり、価値もあがったように思えるのだが、banksyとしては不本意だったのかもしれない。

あわせて読みたい→banksyのシュレッダーアート、各企業のパロディ10作品

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!