netgeek

2

【炎上第二弾】おじゃる丸の声優・小西寛子がNHKの不正請求を告発

腹BLACK 2018年10月16日
 

初代「おじゃる丸」の声優として知られる小西寛子さんが前回に引き続き、NHKのプロデューサーが立場を利用して不正な金儲けを行っていたと告発した。

前回の記事:おじゃる丸の声優「小西寛子」がNHKプロデューサーの不正圧力を告発

【前回の流れ】

番組収録だと聞かされて録音した音声が勝手にグッズ販売に利用されていた。そんな契約は交わしていない。松本プロデューサーに抗議したところ、「アニメ業界で仕事をできなくしてやる」と恫喝された。そして本当におじゃる丸の声優を降板させられた。

さて今回の告発はプロデューサーが私腹を肥やすためにNHKの経費で備品を買い、転売していたというもの。備品は手元に残るように下請けの取引先に負担させていた。

小西寛子さんがアップした写真には確かにNHKからの請求書が写っている。

デジタルカメラや一眼レフのレンズなど合計で48万円ほどとみられる。NHKのプロデューサーは自身の強い立場を利用して下請け会社へ肩代わりを要求。「肩代わりしないと仕事が出来なくなる」などと脅し、個人口座に振り込ませていた。

※netgeek編集部では「実際には転売せず、お金を振り込ませていただけ」という可能性もあると考えている

小西寛子さんがアップしたメール。確かに個人口座に振り込むよう怪しい請求が届いている。

出典:https://twitter.com/HirokoKonishi/status/1050389329296539648

小西寛子さんはすでにマスコミからの取材に応じており、めざましテレビ、グッディ、テレ朝モーニングショーのスタッフに証拠の現物を見せたという。

プロデューサーとしては、おじゃる丸の契約打ち切りについては「他にいい人材が見つかったから」などと言い逃れができそうだが、この請求についてはかなり苦しいところ。事実であればNHKからも厳しい処分を受けることは間違いない。

相当厳しい恫喝があった。

実は、振込を要求する音声を録音していた。一度ネット上にアップしたようだ。

対するNHKは、パワハラで降板させた疑惑については「担当者はそのような発言はなかったと話している」と否定しており、不正請求についてはまだコメントしていない。

小西寛子さんはすでに法的な手続きをとっており、相手の出方を見てから追加の証拠を出すあたり、攻め方が策略的で上手という印象。今のところ世論は圧倒的に小西寛子さんを支持している。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!