netgeek

5

おじゃる丸の声優「小西寛子」がNHKプロデューサーの不正圧力を告発

腹BLACK 2018年6月7日
 

初代「おじゃる丸」の声優として知られる小西寛子さんが18年前にあったNHKプロデューサーとのいざこざを暴露した。NHKの体質が変わっておらず、またトラブルが起きたため告発に踏み切ったという。

いつものテレビ収録だと思ったら、勝手にグッズをつくられていた。

事務所に所属して契約を交わしている身として、小西寛子さんの抗議は当然のように思える。当初の契約内容になかったグッズまで勝手に進められているのはおかしいではないか。

▼参考。おしゃべりおじゃる丸。

▼おじゃる丸の目覚まし時計。

自身の声がこのような商品に勝手に使われていたということだ。抗議を受けたNHKの松本プロデューサーは激高し「アニメ業界で仕事をできなくしてやる」と言い放った。そして、小西寛子さんはおじゃる丸の声優を降ろされることになる。

ファンの間では突然声の変わったおじゃる丸に馴染めず、元の小西寛子さんに戻してほしいという声が囁かれた。なぜ声優が変わったのか理由が分からないまま、もう18年も経ってしまったのだ。

2018年になって同じ事務所でまたトラブルが起きたという。

だが、今度は証拠を押さえている点が違う。

NHKが無視するなら公開する。

求めているのは担当者(松本プロデューサー?)の降格と謝罪。

ライセンスはNHKエンタープライズが管理しているが、これはNHKの100%子会社で役員などの顔ぶれをみても実質的にNHKとのこと。。

ネット上では、松本プロデューサーが番組予算(国民が支払った受信料)内でキャラクター商品の制作を行い、私腹を肥やしていたのではないかと噂が飛び交った。悪事がばれそうになって恫喝したというのはありそうな話。あるいは経費削減のために立場の弱い声優にしわ寄せを行ったと考えることもできる。

ただし、NHK側の言い分も聞いてみないと公平ではないという点に注意。現時点ではトラブルが起きているということを報じておきたい。

【追記】

小西寛子さんがNHK宛ての情報開示請求書を公開した。NHK側は「無断使用の事実はない」と主張しているようだ。

出典:https://twitter.com/HirokoKonishi/status/1007048762693259264

続き→【炎上第二弾】おじゃる丸の声優・小西寛子がNHKの不正請求を告発

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 受信料を実質強制徴収しているくせにね。
    偏向報道も相変わらずひどいし。
    これはもう、国営放送化しないとだめだな。

     
  2. 一方的な主張だけを取り上げて記事を書くのは如何なものかと思います。
    きちんとNHKや関係者に取材すべきでは。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!