netgeek

3

会計検査院が激怒!東京五輪「予算1500億円だったけどもう8000億円使っちゃいました」

腹BLACK 2018年10月5日
 

2020東京五輪について、当初国の負担は1,500億円だったのにすでに8,011億円が使われたことが会計検査院の調査で分かった。

組織委員会の試算では全部で1兆3,500億円のはずだった…。

当初の計画では組織委員会と東京都が6,000億円ずつ負担し、国は1,500億円の負担で済むはずだった。だが、昨年度の時点ですでに国の負担が8,011億円にまで膨れ上がっていることが判明。これは明らかにおかしい異常事態だ。

このうち会計検査院が正しい使い道として認定したのは1,127億円のみ。例えば「水素社会を東京五輪の遺産にしたい」として水素ステーションの設置に補助金を出したことについては「効果が怪しい。確認できない」と厳しい判断が下された。

さらに実際には東京五輪の経費なのに違う名目にされて誤魔化されているものも見つかった。具体的にはセキュリティ対策185億円、国立代々木競技場の改修整備費80億円、ドーピング対策10億円など。

名目を変えて費用を計上するのは不正だろう。会計検査院は今後も多額の費用計上が見込まれると推定し、国民の理解を得るためにも非公開の経費や全体像も提示するよう求める。

そもそも東京五輪はスタジアムの建設費だけでも異常な数字になっていた。

組織委員会は運営が下手すぎるのではないだろうか。

一部メディアはこのままではコストが3兆円規模になるとも見込んでいる。

一方で組織委員会の森喜朗会長は「この機会に将来の日本のためになる、国民のためになる、その恩恵を受けることができるということであれば 、ある程度認めていかなければいけないのではないでしょうか」と悪びれることもなくコメント。トップがこのような低いコスト意識をもっているのは問題だ。

しかしその割にはボランティアにはタダ働きさせようとしており、矛盾しているように思える。2ちゃんねる創設者の西村博之はボランティアに給料を払ってもそんなに高くないと試算して「上層部はお金の使い方を間違えているのに気づいていない」と指摘した。

もはや金額が大きくなりすぎていて誰も舵を取れないのが現状。こんなことで2020東京五輪は無事開催できるのだろうか…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 数年前からずっと言われてるんだよな
    東京でオリンピックやる必要も理由もない

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!