netgeek

6

アクアマンの日本版ポスター、余計な改悪がひどいと騒ぎに

腹BLACK 2018年9月8日
 

海外のクールな雰囲気の映画ポスターはなぜ日本で改悪されてしまうのか。ポップなデザインのほうが大衆の受けがいいからだろうか。

アクアマンの改変が酷いと騒ぎになっている。

まずは海外版のポスター。映像のクオリティが高そうで大人向きの映画という雰囲気。

こちらが日本版。色合いが一気に明るくなり、深海にいる雰囲気がなくなってしまった。手前のカラフルに塗られたサンゴ礁、「すべての魚を味方にする男」というキャッチコピーも陳腐。

出典:https://twitter.com/deer_antelope/status/1037894440436654081

こうするのではなく、画像には特に手を加えずに英語の箇所を日本語に変えるだけでよかったのに。ネット上ではこの2枚のポスターが比較され、日本版が駄目になる典型的なパターンだと批判された。

・これはファインディング・ニモ

・キャッチコピーが完全にスパイダーマン

・アクアマンがさかなクンになったみたいな

・獲ったどぉぉぉぉぉ!!!

・キャッチフレーズが魅力的でない

・深海の雰囲気から浅瀬になってしまった

・水族館のポスター

・「AQUAMAN」はそのままでよかった

・ディズニーになってしまった

・ラッセン

・シャチは魚ではなく哺乳類

そもそも映画もデザインも海外のほうがレベルが高いのになぜこんなことをしてしまうのか。しばらく前から余計な手を加えるなと指摘されているにもかかわらず、こうした例は後を絶たない。

最近ではホラー映画「The Nun」(死霊館のシスター)のポスターが非常に素晴らしいデザインだと絶賛された。

しかし日本版では案の定、残念なことになってしまう。

日本の担当者は今一度マーケティング・リサーチからやり直してはどうか。勘が時代遅れになっている恐れが強い。

おまけ。

「色が濃くなるだけなのかよ」とツッコミが入っていた転職サイトの広告。

出典:https://twitter.com/kusakabe1986/status/1029007806727217152

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 余計な活字入れるとこうもイメージが変わるのか
    それにしてもセンスない

     
  2. ま、アクアマンの海外版ポスター見ても誰も見向きもしないと思うけどね
    またアメコミ原作のヘンテコヒーローものか!?てな具合

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!