netgeek

3

【炎上】ねぶた祭に便乗して駐車料金1時間5000円のぼったくり

腹BLACK 2018年8月11日
 

青森県青森市安方の駐車場がねぶた祭りの期間中(8月2日から7日)に異常な高額設定に変え、ぼったくりを行っていたことが分かった。非常に悪質だと大炎上している。

普通のコインパーキングと思いきや…。

問題になったコインパーキングを見ると確かに「60分5000円」という表記が。すごく見にくい文字で「特別価格にご注意ください」と書かれているが、普段からこの駐車場を使っている人や、急いでいる人はいちいち読まないだろう。

実際にぼったくり被害に遭った人は仕方なくATMまでお金を下ろしに行って料金を支払った。

中には6万5000円を請求された人も。

やはり料金の看板は見ていなかったようだ。

地域住民は駐車場の運営会社に怒りを露わにする。

また同業他社の経営者も猛烈にバッシング。

一部マスコミは名前を伏せて報じているが、netgeek編集部が調べたところ、駐車場運営を手がける株式会社パラカ(東証一部上場)の仕業だと分かった。パラカはちゃんと案内をしていたので返金対応は行わないと明言している。

他方で駐車場の地主はホテルJALシティ青森のオーナーということが判明。オーナーがパラカに運営管理を委託していたのだ。

現在、JALシティ青森は5000円のホテル利用券などを配ることで対応している。そうではなく現金で返して欲しいのだが…。

JALシティ青森の総支配人に話を聞いたところ、ねぶた祭りの期間中に宿泊の顧客に優先的に使わせてあげたいと相談したところ、パラカから「高額設定はどうでしょう?」という提案があり実行したとのこと。あくまで金儲け目的ではなく、宿泊客のための配慮だったと説明する。

総支配人「今から思えばもうちょっと他のやり方があったんじゃないかなと思ったりもしますけども…。例えばロープを張ったり、監視員を立たせたり、色々な方法があってそういう提案もありましたけども、我々も少ない人数でねぶたの期間、全員総出でやってました」

マスコミが取り上げたことで炎上騒動が大きくなり、パラカはついに公式HPで釈明文「ねぶた祭り期間における駐車場料金に関する報道について」を掲載した。自分たちは悪くないとひたすら言い訳に終止しており、パラカの対応はあまりにも酷いように思える。

株式会社パラカ直近3ヶ月の株価推移。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 他人の土地にとやかくは言えない。一時間5000円は高いけど停める場所がないなら駐禁切られるのと天秤にかけて考えれば良い。
    違う観光地の例だと、小、中、高の学校運動場を休み期間解放して、1日1000円の駐車料金で学校の運営費補助にしてるところもある。
    その学校の生徒さん数人と管理監視する大人1人がいて、子供達もお金を稼ぐ社会勉強になったり、アルバイト代も貰えてバランスのとれた関係性で成り立ってる。
    そういうところが増えてくれれば、一時間5000円などとやってる方が恥ずかしくなるような状況になるでしょう。

     
  2. これは、利用者の不注意でしょ。
    これだけデカデカと表示されてて、気づかないのもどうかと思うよ。
    ぼったくりとかいうけど、シーズンで無料駐車場が有料になったり、宿だってシーズンで高くなったりする。
    それをいちいち、知らなかったんじゃー!って騒ぐのはクレーマーだよね。

    表示が小さいとか、特段に見づらいとか、そういう事柄がなければ、利用者の不注意だと思うんだけどな。
    設定金額は、設定できる側の権利なんだし、利用者は従うしかないじゃん。
    嫌なら、少し遠目の駐車場とか探せばいい。
    だいたい、シーズンど真ん中の、祭りのコース付近の駐車場が安いわけないじゃん。
    常識的に考えて、利用者の不注意。
    これしかないよ。

     
  3. 私は料金表、値札を見ずに買い物できるほど稼いでないので、駐車場でも料金表を見ますね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!