netgeek

0

暑すぎて起きた6つの珍ハプニング

腹BLACK 2018年7月16日
 

日本列島を猛暑が襲っている。日本は一体いつからここまで暑い国になってしまったのか。昔はもっと涼しかった気がするのだが…。

暑すぎて起きた6つの出来事をまとめてみた。

1.バイクスタンドが地面にめり込んでいた。

気温は40度。アスファルトは柔らかいのでこうなるが、コンクリートならならないとのこと。荷物とあわせてバイクの重さが250kgあるのでここまでめり込んだのだろう。

出典:https://twitter.com/barabike_0407/status/1018047642910117888

バイク乗りにはよくあることらしく、また別の人も同じ経験をしたことがあると写真をアップした。

2.カラーコーンが完全におじゃんに。熱で溶けたのだろうか?もしかすると車に轢かれたうえに熱が加わってここまでの事態になったのかも。

出典:https://twitter.com/chococorneko/status/366411965196820480

3.気象庁によると7月下旬まで猛暑が続くとのこと。30度超えが当たり前になっているのが恐ろしい。ピンクの文字が35度以上。

出典:https://twitter.com/makotokawazu/status/1018086795286679554

4.NPO法人ペット里親会から。この時期、犬の散歩には気をつけよう。人間よりも地面からの距離が近い犬はかなり大変。散歩は涼しい時間帯にしよう。

出典:https://twitter.com/kayoyonanana/status/1017550655706185728

5.60歳「オレの時はエアコンなしで受験勉強したんだ!今の若いモンは!」

42年前(1976年の7月・8月)を調べると驚くほど涼しかった。

▼7月。

▼8月。

出典:https://twitter.com/hirokilexis/status/1018119619196751872

6.最高気温35℃以上の日数を1930年から棒グラフで表すと、やはり猛暑日が増えていることが分かる。

あわせて読みたい→「昔の夏はもっと涼しかっただろ!」と思い、50年前の日本の気温を調べてみたところ、まさかの結果が…!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!