netgeek

27

「昔の夏はもっと涼しかっただろ!」と思い、50年前の日本の気温を調べてみたところ、まさかの結果が…!

lemon 2015年8月4日
 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter3.5kShare on Google+163

Twitterユーザーの「斑猫賢二(HAN-NEKO,Kenji)(@Tvvitter_com)」さんが、50年前から現在にかけての気温の変化を折れ線グラフにしたところ、まさかの結果が出た。

日本の夏の気温を50年前から調べ上げたグラフがこちら。青い線が最高気温で、オレンジが最低気温、グレーが平均気温だ。あれ…?50年前からほぼ横ばいだぞ!?

kion2

kion3

▲こちらは東京の気温を表したグラフ。年ごとにバラつきはあるものの、想像していたような右肩上がりの結果は見受けられない。

kion4

▲また、大阪の気温を表したグラフもこの通り横ばい。どうやら昔も今も夏の暑さに違いはないようだ。

さらに平均湿度を50年前から遡ったグラフはこちら。なんと湿度に関しては、昔よりも今の方が下がっているということが明らかに!!

kion6

蒸し暑さも年々キツくなっているかと思いきや、まさかの過ごしやすい気候へと変化している事実が浮かびあがった。「地球温暖化で暑くなっている」というイメージは間違いだったのか…。

これに対し、ネットユーザーから多くの反響があった。

kion7

kion1

結果として50年前から1度しか気温が変化していなかったことに、驚いた方はかなり多いはずだ。

とはいえ厳しい暑さは今年も続くので、水分をこまめにとって熱中症には注意していただきたい。

0NMfl21

クーラーが普及していなかった50年前の人々は、よくぞ道具に頼らずに暑い夏を乗り越えてきたものだ…。現在人はひ弱になっているのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (27)

  1. だまされない 2015年8月5日 at 9:12 AM

    グラフの縦軸の幅が小さいので平坦で変化なく見えるだけです。数字を見る限りは近年の方が1−3度高く、明らかに右肩上がりの結果になっています。

     
    返信
  2. 数字だけ見て答え言ったつもりになってるんではお話にならない
    50年前に輻射熱で60度以上になるようなアスファルトは、いったい日本のどれくらいの面積を占めていたんだっつーに

     
    返信
  3. 観測値と実感が違うってことでしょ?
    都市部だと、反射熱や日差し、クーラーの排熱とか、観測値とは異なって体感温度を以上上昇させる要因があるんでしょう
    データに騙されてる

     
    返信
  4. でも、その「1度」も上がっている(ひとつのお部屋単位とはわけが違うも思うので)ということが、非常に大きいのでは………???

     
    返信
  5. 湿度とかどうなんだろう。
    あと、昔は熱中症とかどう処理してたんだろうか。

    データを疑うってことじゃなく。
    根性論とかに殺されて埋められた人はどれだけいたのかなって。

     
    返信
  6. 平均で話をしても意味がないですよ。最高気温が35度を上回った日数とか、熱中夜の日数に目を向けましょうね。

     
    返信
  7. 平均気温のグラフだというとこがミソでしょう。これでは猛暑日などの突出したピークが見れない。もし平均気温が右肩上がりだったら大変なことになってるのではないか?

     
    返信
  8. グラフの見せ方のマジック。縦の目盛を0~40℃でとれば当然こうなる。
    気温が上がれば、相対的に湿度も下がる。
    気象庁、東京管区気象台のデータをみれば、平均気温の上昇、真夏日の日数、猛暑日の日数とも
    増加しているのは一目瞭然。何の目的でこんな記事を?
    この記事を鵜呑みにしている方は、下記のサイトを見た方が良い。

    http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=21650

     
    返信
  9. 氷河期と言われる時代も、地球平均気温がたった5度下がっただけで、あれだけ生物に影響を与えたわけですから、たかが1度されど1度。
    さらには、ヒートアイランド現象やらなにやら、簡単に比べられないと思います。

     
    返信
  10. ヒートアイランド云々を真に受けてる人がいるようだけど、観測点が地上に偏ってるってのはデマだよ。海上も含めた観測をしていて、全体として上がってるって話だから。元ネタのIPCCのレポート見れば、サマリーにだって載ってる話(っていうか、普通に考えれば、ヒートアイランドに気づきませんでしたなんて間抜けなミスみんなすぐに気づくし、あんたアホやなってなって終わりでしょ。)なんだけど、どっかのバカな化学屋の教授がデマながしたのが、広まってるのかな。

     
    返信
  11. 観測地点の数値は大差なくても実生活で体感する暑さはだいぶ違うだろう
    東京都心のとある住宅地に三世代前から住んでるけど50~60年前の写真を見ると戸建率に驚く
    今はマンションがひしめきあってるからね わずかな戸建は庭がほとんどない狭小住宅
    お屋敷地区の広大な庭を持つ豪邸も軒並みマンションと狭小住宅になってしまった
    市街地の失われた緑の量を考えたら暑くならないわけがない
    もちろん車の量は段違い 未舗装の道も多かっただろう
    そもそも二十数年前の自分が子供の頃でも夜は今ほど暑くなかった

     
    返信
  12. これは解決済みでしょう。
    Twitterでも理系の研究者が暇つぶし程度の言及で、
    目盛りがおかしいと指摘している。
    上に既に気温変動として適切な目盛りを設定したグラフがあるけど。
    この手の、世間にはびこる偏見にデータを提示して物申す系の自爆ネタ多いよね。

     
    返信
  13. 温暖化の状況については、日本全体で過去100年で約1.1℃上昇のペースです。
    http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_jpn.html
    世界全体では、0.7℃。
    http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_wld.html
    しかしこれでも、既に影響が問題になっています。
    http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/climate_change/
    そもそも気温の上昇の2℃以内に抑えないと被害が大きいと見積もられている状況で、1℃の上昇は軽視できないものと存じます。
    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/stop2015/index.html

     
    返信
  14. とりあえず、ぱっと見でグラフが若干右上がりに感じる。2度くらい上がってるような。

    都内でも、緑がある所に行くと少し気温が低く感じるから、
    測定ポイントと生活ポイントの環境の違いや変化もあるかも。

     
    返信
  15. 糞データ。
    気温が上がるから湿度が下がるのであってだな。。。
    人を騙すような見せ方はやめたほうがいいと思いますが。

     
    返信
  16. 私も理系でエンジニアの端くれだけど、明らかに右肩上がりやん。
    それに、気温があがったら湿度が下がることも理解できてない人間が温暖化について語ってるとは。

     
    返信
  17. 暑くなってるでしょ 2015年8月25日 at 3:24 PM

    気象庁のデータから「東京で最高気温35℃以上の日が何日あったか」を調べてみました。
    1985年 1日
    1986年 0日
    1987年 3日
    1988年 0日
    1989年 0日
    1990年 2日
    1991年 4日
    1992年 2日
    1993年 0日
    1994年 8日
    1995年 13日
    1996年 2日
    1997年 3日
    1998年 3日
    1999年 0日
    2000年 1日
    2001年 8日
    2002年 6日
    2003年 0日
    2004年 6日
    2005年 4日
    2006年 3日
    2007年 7日
    2008年 1日
    2009年 0日
    2010年 13日
    2011年 4日
    2012年 6日
    2013年 12日
    2014年 5日
    2015年 11日

    過ごしやすくなったのかな?

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!