netgeek

2

段ボールベッドが避難所で活躍中

腹BLACK 2018年7月16日
 

熊本地震の際に有名になった段ボールベッドが今回の豪雨被害でも導入され始めた。倉敷市が全ての避難者に段ボールベッドを提供すると決めたのだ。

床に雑魚寝だったのがたちまち快適に。

まずはこちらが段ボールベッド導入前。床に毛布や布団を直引きしており、体が痛そう。また、ずっとここに座っているのもしんどそう。毛布と床の間に湿気が溜まり、体にもよくないだろう。

続いてこちらが段ボールベッドが導入された後。安価で持ち運びが簡単な段ボールはすぐに導入ができる。組み立ても簡単で、寝心地は格段の違いがあるという。

構造が工夫されており、耐久性はばっちり。左に映るのは段ボールベッドを考案したJパックス(株)の水谷嘉浩代表。東日本大震災後に避難所でエコノミークラス症候群を予防する段ボールベッドを開発した。京都工芸繊維大学大学院博士課程の出身。

段ボールベッドはさらに進化を遂げ、カーテンの仕切りと組み合わせることでプライバシーが保護されるスペースに。子供も喜んでいるようでなにより。

出典:https://twitter.com/mizutani1109/status/1018134270605328384

出典:https://twitter.com/mizutani1109/status/1017265231758626817

段ボールベッドは自然災害が起きるたびに注目が集まる。撤収が簡単なので一時的な利用に向いており、再利用が可能な点も嬉しい。

2016年の記事:熊本県益城町のテント村にも導入!段ボールベッドで避難生活のストレスを軽減

雑魚寝していると夜、暗い中でトイレに行く人に踏まれることもあるという。そういう意味でもやはりベッドの上で寝る安心感はあるのだろう。

ちなみに段ボールベッドはAmazonでも売られている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. あとは
    これから新しく作る体育館は
    避難所として活用する前提で
    空調を完備して
    施設を数メートル嵩上げた所に新築してほしいですね

     
  2. ですね。
    学校・体育館・公民館等は最初からかさ上げしたうえで建てればいいんですよね。
    避難所に必ず指定されるわけですから。
    高くなった分、排水等も強くなるのでいいですね。
    単純なことに気づかないものですね。

    車いすの方には優しくなくなりますが、スロープ設置で対応は可能です。
    上がってしまえば安全な場所になるのでそこは協力です。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!