netgeek

9

息子を探す母親と邪魔をする阿部祐二リポーター。「お前もスコップ持って手伝え」と炎上

腹BLACK 2018年7月12日
 

7月11日に放送されたスッキリで阿部祐二リポーターがとった行動が批判されている。高校生の息子が行方不明になって土を掘り起こして探している母親に呑気なインタビューを仕掛けたのだ。

広島市安芸区。高校生が流されていたという目撃情報あり。

高校生の息子(18)は5歳の男の子と一緒にこの付近で流されていた。5歳の男の子はすでに看板の下あたりで見つかったが、高校生はまだ未発見の状態。

阿部祐二リポーターは「母親が『逃げなさい』と言った瞬間に連絡がとれなくなった」と当時の状況を説明する。現場では母親に加えて学校関係者などもスコップで土砂を掘り起こす作業に没頭している。炎天下の中で大変な作業だ。

一方で阿部祐二リポーターが手にしているのはスコップではなくマイク。大げさに白いヘルメットをつけているが、必要はなさそう。むしろ母親に渡せと言いたくなる。

そして作業中の母親に無神経なインタビューを試みる。

阿部祐二「お母さんは6日から卵1つで頑張っています。体調は?」

母親「あっ、大丈夫です…はい」

大丈夫なわけがない。

母親「一人でも多くの方に来て頂けたら…ハァハァ(息が切れている)現場に公的機関の方が少ないので、一人でも多くの方に来て頂いて1秒でも早く見つけたいです」

今まさに阿部祐二リポーターが作業を妨害している真っ最中なのだが…。その後、阿部祐二リポーターは「昨日からあまり作業が進んでいない」「一人でも多くの人手が欲しいというのが現状」などと自身の行動と矛盾した説明を続ける。

インタビューを終えた母親はすぐにスコップを手にしてまた土を掘り返す作業に戻っていた。喋るのもきついぐらい息が切れていたのに…。

広島の現在の行方不明者は44名だという。状況から考えるに人手不足は当分は改善しないだろう。

母親に対して「すみません作業中に」と言った阿部祐二リポーター、それが仕事だというなら視聴者はそんなものは望んでいないとはっきり断言したい。

もしどうしても中継したいというなら、阿部祐二リポーターがスコップをもって作業している姿が見たかった。あとの説明はテロップだけで十分だ。

よそから来たマスコミ関係者は現地の不幸を金儲けの道具にして利用しているだけ。スタッフも阿部祐二リポーターも邪魔をしているようにしか見えなかった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 無神経極まりない。
    このレポーターにしろ制作スタッフにしろワイドショーに携わる人間にデリカシーってものは無いのか?
    もし自分がこのお母さんの立場だったらこのレポーターを張り倒してると思う。

     
  2. 阿部リポーターが子を持つ親の気持ちが分からない訳がない。スコップを持って作業したとしても小さな力、それよりも報道の力て多くの人に援助を呼びかける彼の姿に、現場では感謝の声が聞かれているという。捜索が続いている高校生のお母様も、報道後、沢山の励ましの言葉が届き、捜索活動をして下さるボランティアの方々や自衛隊の人数も増え、阿部レポーターに感謝しているとうことだ。

     
  3. 今朝は、水を台車で運ぶ女性の手伝いしてた。批判も一応は気にしてたんだろうね。これはこれでホノボノはしてた。このくらいの取材ならよしとしよう。
    しかし人の生き死に関わるような現場には安易に近づくべきでは無い。手伝いうとかそういう事ではなく、邪魔するな!

     
  4. 「現場では感謝の声が聞かれているという」「お母様も・・阿部レポーターに感謝しているとうことだ」

    こいつの脳には「現地の声」が直接届いているという。専門家によると、治療は不可能ということだ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!