netgeek

5

ほんこん「金正恩を『偉大なる若い指導者』と持ち上げるテレビ局おかしい」

腹BLACK 2018年6月16日
 

日本のテレビ局の報道姿勢について、ほんこんが「北朝鮮に偏っている」と批判した。自身もテレビに出る立場でありながら、テレビ批判をするというのは勇気あることだ。

「身代金を要求する誘拐犯を持ち上げるのはおかしい」

ほんこんの言うことはもっとも。日頃から反安倍政権派の立場をとるマスコミは日本が対立する北朝鮮について奇妙な紹介の仕方をすることがある。なぜか北朝鮮の肩を持つように金正恩の立場に立って紹介するのだ。事実上、テレビ局内部が乗っ取られているといっても過言ではない。

北朝鮮に偏った報道の事例を2つ挙げておきたい。

(1)姜尚中が「金正恩は馬鹿ではないし、ましてやクレイジーでもないし…」と不自然に擁護している。日本人を拉致した挙げ句、日本に向けてミサイルを撃ってくる独裁者をここまで擁護するのは奇妙としか言いようがない。

(2)玉川徹「北朝鮮と友好関係をもつことと、拉致問題の解決を同時にやるべき」

テレビ局は日頃からこうした北朝鮮寄りの意見を発信することで安倍総理の圧力路線が間違っていると暗に指摘する。ほんこんが口にした「誘拐して身代金を要求している」というのはまさにうまい表現。

金正恩は浅ましい独裁者で対話が通じない相手だからこそ圧力を強めて対話に応じざるを得ない状況をつくることが大事なのだ。そのことを再確認しておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. ツッコミが的確でないと評価しない関西人気質が表れるせいか、正義のミカタ、そこまで言って委員会など、関西で制作、もしくは関西人が主導的な発言をしている番組(ミヤネ屋を除く)の方が世の中をマトモに捉えてるよね。東京で流すと圧力がかかるという理由で、そこまで言って委員会を日テレで流すのに反対したやしきたかじんは正しかった。

     
  2. 少しでも笑顔を振りまいていたら、日本のアホメディアは、とんでもない奴でもすぐに良い人扱いするからなぁ・・・。その上、正論を間違った考えのように報道するし。

    つくづく日本のマスコミは、アホ量産装置に成り下がってるな。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!