netgeek

5

辻元清美のパフォーマンスが気持ち悪くて、もはやモリカケ真理教

腹BLACK 2018年5月23日
 

おそらくカメラが回っていることを意識してだろう。立憲民主党の辻元清美議員が根拠もなく「安倍総理が嘘をついている」と断言し、奇妙なパフォーマンスを行った。

立憲民主党代議士会にて。

辻元清美「誰が嘘をついているのか。ハイ!誰でしょう?」

立憲民主党議員「そうりー!」「安倍総理ー!」

辻元清美「だよね~」

その姿はモリカケ真理教の教祖である辻元清美が信者を洗脳しているかのよう。傍から見ると大変気味が悪い

国民が求めているのは真実なのに、辻元清美議員は肝心の証拠もないままに「安倍総理が悪いことをしたに違いない」と決めつけている。そもそも愛媛県知事が提出した資料は信憑性が疑わしく、即座に面談を否定する証拠や証言が続々と集まったのだ。

安倍総理が否定した件について尋ねられた辻元清美議員はなぜか不自然な作り笑顔をつくったまま硬直してしまった。

長い間、無言が続く。

ようやく出てきたコメントはやはり謝罪ではなく疑いの言葉。

国民としては、証拠もなく悪人呼ばわりする行為には賛同できない。

なぜか終始ドヤ顔の辻元清美議員。新たな証拠を得て水を得た魚のようだ。

騒いでいるのは野党とマスコミだけ。だが今回はフォントや日付が統一されていないなど、見るからに怪しい文書なのでマスコミも懐疑的であるように思える。カメラの前でしょうもないパフォーマンスを行った辻元議員は視聴者の目にさぞかしむなしく映ったに違いない。

また、辻元議員は働き方改革についてもことごとくケチをつけている。

とにかく打倒安倍政権のために何でもかんでも反対する方針のようだ。安倍総理が「膿を出し切る」と言ったら野党議員は国会をサボって本当に出ていってしまった。膿の親である辻元清美議員はこれからもモリカケ真理教を率いていくのだろう。

続き。嘘をついているのは枝野幸男だった→【炎上】枝野幸男が公文書と連呼した書類、愛媛県が「公文書ではない」と断言

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 見るだけで不快。不快だけならまだしも、日本国や我々にとって有害。次は絶対当選させないでくれよ、高槻市民よ。それとも高槻プロ市民ばかりなのか?

     
  2. こんな苦しい言い訳で、碌に調べもしないで書いた記事を擁護するnetgeekも相当気持ち悪い
    辻元も朝日も嫌いだけど、この言い訳はあり得ない。

     
  3. ん?
    ろくに調べてもいない?
    スクショとか記事のリンクとか貼っているようですが、これは捏造ということ…?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!