netgeek

1

立憲民主党が「国会を空転させるな」と怒り始めてガンジーでも助走つけて殴るレベル

腹BLACK 2018年5月18日
 

立憲民主党の青柳陽一郎議員が自分たちのことを棚に上げて与党を説教し始めた。お家芸のブーメランが炸裂する様子をとくとご覧あれ。

「国会を空転させるな!麻生大臣は責任を取って辞任しろ!」

青柳陽一郎「次官不在は長くても2~3日ですよ。それが2人揃って不在です。こんな事態は過去にありません。異常事態です。ご自身が任命して、そして懲戒処分を受けて辞任する直前まで麻生大臣は『有能で適材』だと表明していたわけですよ。それが結果として国会を空転させて全体に大きな傷をつけた。ひいては行政の信頼そのものを揺るがせているんですよ。大臣、道義的な責任をどう感じておられるか。大臣自身が責任を取らない限り、正常化しないんじゃないでしょうか?」

しかしこれは国会をボイコットした野党にとって強烈なブーメランになっている。

・不在は長くても2~3日→野党は18連休を満喫した

・2人も不在→野党は無数に不在

・国会を空転させた→野党こそが

・行政の信頼を揺るがせている→野党のほうが

しっかりと政治を行っている与党に対し、野党はもはや税金泥棒の域。国民から言わせれば、麻生大臣の辞任を求めるどころか野党議員こそ辞任してほしい。

例えば蓮舫はゴールデンウィーク中に台湾に帰省し、その満喫っぷりを中国のSNSに投稿していた。

参考:国会サボリ中の蓮舫、中国SNS「微博」で休暇満喫写真をアップしまくっていた

二重国籍問題であれだけ騒ぎになったのに、まだ懲りずに台湾に執着するのかと驚きを隠せない。一つ喜ばしいのは有本香さんが再び蓮舫議員の二重国籍問題を追及し始めていること。

出典:https://twitter.com/apio_apio1516/status/997005268247396352

夕刊フジ 5月18日版に「蓮舫に宣戦布告」と大きく掲載されている。有本香さんは雑誌ジョイフルで蓮舫の反日インタビューを仕掛けたときの編集長だった。

参考:蓮舫の反日インタビューは有本香が仕掛け人だった。23年越しの攻撃が決まるミラクル

麻生大臣の辞任は多くの国民が望んでいないのでこれ以上生産性のないことを追及するのはやめてほしい。佐川長官も福田財務次官もすでに辞任したのだから決着はついた。早く日本人のための政治を行ってほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!