netgeek

6

億単位の税収を失った西尾市、高須院長に泣きつく

netgeek 2018年5月1日
 

前川喜平氏を講演会に呼んで高須院長の怒りを買った西尾市。その後、住民票を移した高須院長に接触を図っていたことが分かった。

前回の記事:前川喜平を招いた西尾市、高須院長の逆鱗に触れて数十億円の税収を失う

高須院長のツイートで事態が明らかに。

通常、市役所の職員が住民票を移した元市民に接触を図ることはないわけで、西尾市がどれだけ困っているかが分かる。一応、表向きは「理由と事情を聞きたい」ということにしているが、本音は「なんとか交渉して住民票を戻してもらいたい」ということだろう。

高須院長は言うまでもなく日本トップレベルの高収入者であり、愛知県西尾市としては税収を失うのは大きな痛手になる。

事の発端は前川喜平氏の講演会を開いたことだった。

高須院長はこれに激怒し、Twitterで住民票を移すと宣言。数日後には本当に手続きを完了させてしまった。

高須院長からの億単位(推定)の税収と前川喜平氏、西尾市はどちらをとるか迫られれば間違いなく高須院長を選ぶはず。

西尾市にとって幸運なことに、高須院長はすでに和解する可能性があることを示唆している。

※以下は「講演会には前川喜平じゃなくて高須院長を呼べばいいのに」というツイートに対して

要するに西尾市が真摯に反省し、行動で示してくれたらまた元の鞘に収まるということ。高須院長は幡豆郡一色町(現在の西尾市)の生まれで地元には大変愛着があると思われる。

YES!高須クリニック

億万長者にして周囲に正しい行動をとるよう促す高須院長は理想的な金持ちと言える。西尾市と高須院長の関係について、今後動きがあればまた記事にしたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (6)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!