netgeek

0

金正恩が和解して期待が集まるも、これどこかで見た光景だ…

腹BLACK 2018年4月28日
 

北朝鮮の金正恩と韓国の文在寅大統領が会談し、共同宣言に署名がなされた。北朝鮮は完全な非核化と終戦を受け入れたが、ただのパフォーマンスという穿った見方も強い。

歴史は繰り返す。

金正恩が笑顔で文大統領と手を繋いでいる。まさかこのような光景が見られる日が来ようとは…。しかし油断はできない。過去には同じようなことがあったからだ。

金正日も全く同じことをしていた。

歴史を知る有識者は北朝鮮の言葉を鵜呑みにしてはいけないと警告する。

日本人の感覚で言えばここまでして裏切ることはあり得ないように思えるが、外国人の感覚はときに想像を絶することがある。金正恩が人格者だとは到底思えないので眉唾ものと見たほうがいいだろう。

文大統領のいつ北朝鮮に行けるのかという問いに対して、金正恩は「今行きましょう」と機転を利かせて返答。

国境を超えて北朝鮮側で握手した。

手を繋いでいる二人がなんだかアニメのキャラクターのようだ。金正恩は他にも「ここまで来るのは遠かった」などとジョークを飛ばしてユーモアがあるところをみせていた。

韓国のメディアは金正恩を完全に信じ切っているようだ。

考えがあまりにも楽天すぎて心配になってしまう。約束を反故にして核開発を進めるのは簡単なことなので、またいちゃもんをつけて核で交渉の材料をつくるように思えてならない。

安堵感広がる韓国とは対照的に、日本の政治家はまだ緊張状態を保っている。

参考:北朝鮮の核ミサイル中止宣言を信用してはいけない理由

金正恩は本気で非核化を宣言したのか、それとも何か裏の策略があるのか。世界平和の実現には程遠いように思える。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!