netgeek

12

ゆずの新曲がネトウヨだと炎上←愛国心を示すだけでネトウヨ扱いされるのはおかしくない?

腹BLACK 2018年4月10日
 

ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が強く政治色に染まっており、おかしな内容だと一部界隈が批判の声を殺到させている。

作詞作曲は北川悠仁が担当。

出典:https://www.uta-net.com/movie/246979/

実際の歌詞を確認すると確かに政治的なメッセージが込められていることが分かる。北川悠仁はおそらく愛国心を元にした曲を作りたかったのだろう。歌詞から読み取れる情報を以下にまとめてみた。

・外国人と一緒に靖国参拝に行っている

・外国人は日本に愛国心をもっている

・靖国参拝は戦争を賛美するためではない

・愛国心を示すとネトウヨだと叩かれてしまう

・愛国心はこっそりしまっておかないと…

「納豆は好きじゃない」などと具体的なエピソードが織り交ぜられているあたり、おそらくこれは実体験に基づく歌詞なのだろう。

北川悠仁はすでに雑誌のインタビューで批判の声があることは承知しており、あえてこのようなメッセージを発したと発言している。ゆずといえばこれまで爽やかな曲が多かっただけに、急に政治色が出てきて困惑する声もあるが、これもまた新しい創作の形だ。

netgeekでは以前、「愛国心=ネトウヨ」という解釈がなされるのはおかしいと記事にしていた。

参考:自民党支持の東大生「愛国心には右も左もないのに国が好きと言った瞬間に右翼だと言われてしまう」

北川悠仁が新曲で伝えたかったことはこの意見と同じだと思われる。さて、このゆずの問題作に対し、ネット上では津田大介氏や町山智浩氏が率先して反対の意見を述べる。

案の定の顔ぶれといったところ。こうした反発があるからこそ愛国心が出せないわけで、先んじてメッセージを込めたゆずのほうが一枚上手といったところ。

「ガイコクジンノトモダチ」は4月4日発売のアルバム「BIG YELL」に収録されている。

皮肉にも一部界隈が大騒ぎしてくれたおかげで宣伝効果は抜群だ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. 日本○ね→弱者の訴えだ! 表現の自由だ!

    朝日新聞○ね→言論の元断つ物言い、不適切

    美しい日本→ネトウヨネトウヨネトウヨネトウヨオオオオオオォあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

     
  2. インタビュアーが「かなり強い右寄りの思想」とか言ってて、ほんと、この国は末期だと思った

     
  3. この日本に愛国心を持つ外国人って「在日」の事なんだろうね。
    在日の中には日本の学校で教育を受けて、内面がほとんど日本人と変わらない、善良な在日もいるからね。

     
  4. この曲をネットで広めたいです!

    恐らく地上波のTVではこの曲を流さないで、無かったことにしようとするのでは。

    こうした、「愛国心を堂々と出せない日本って変だよね」という曲や、普通に愛国心を歌ったポップスがこれから続々と出てきてほしい。

     
  5. どの国にも、右翼と左翼がいて、祖国を愛することを意味する「愛国右翼」や「愛国左翼」という言葉もある。だが、日本だけには「愛国左翼」と言う言葉だけは、存在しない。右にも左にも生まれつき備わった、祖国を愛するという共通の土台が存在しない国、それが日本という国の悲しい現状である。

     
  6. これを問題視、右寄りすぎるとすること自体が問題なんだよね
    ゆずにしたら、問題提起できて話題になったからしてやったりだけど

      

     
  7. この歌で反日ゴキが面白いぐらいにどんどん炙り出されていくw
    ゆずグッジョブだぜ!
    そのままバルサン効果で反日ゴキの殲滅も出来たらいいのになぁ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!