netgeek

9

「地獄の13日間合宿(33万円)」2割しか卒業できない管理者養成学校が炎上

腹BLACK 2018年3月11日
 

日本の生産性が低い理由は無駄に精神論にこだわって合理性を追及しないから。長らくそう指摘されているが、一向に改善しないのはなぜなのか。

テレビで特集された管理者養成学校が精神論丸出しで酷い内容だと炎上している。

13日間の合宿は超スパルタでなんと2割しか卒業できないのだという。

40分間も生産性のないことをやり続ける。これは宗教の洗脳の方法ではないか。

研修を行う学校側はこのような訓練を行うことについて、正当性があると主張する。

が、意味が分からない。こんなものに33万円も払う会社は頭がおかしい…。

企業としては管理職を選ぶにあたってふるいにかけるということだろうか?

続いてこちらはまた別の訓練。コミュニケーション能力を磨く目的があるのだという。

移動も時間制限が設けられており、気が抜けない。3歩以上の移動は小走りが義務付けられている。

訓練は学校内にとどまらず、駅前でも行われた。なんと駅前で大声で歌い、道路反対側にいる講師が合否をチェックする。

ネット上では放送直後に一斉に批判の声が噴出し、反発の意見が相次いだ。しかし、この管理者養成学校は意外とメジャーらしく「来週行かされる」「これ行かされた。最悪だった」「うちの父が参加して駅前で歌わされて『音痴だから3点』と言われた」などという声が飛び交う。

内容も精査せずに研修を外注している企業が多いようだ。人事部としては丸投げが一番楽なのだろう。

この研修を行っているのは㈱社員教育研究所(東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル、元橋康雄代表)という企業。昭和42年3月設立で、資本金は9,750万円、従業員は150名。

HPを見るとやはり宗教の修行のような雰囲気が漂う。

「集え、地獄の友よ!」「元祖 地獄の訓練」

「40の質問」「40キロ夜間行進訓練」「歌唱訓練」「駅前歌唱訓練」「道順訓練」

「礼儀訓練」「報告書訓練」「私の抱負」

日本がこんなことをやっている間に外国企業に差をつけられる。本当に研修の効果があるのかどうか、生産性という観点で今一度見直す必要がある。

あわせて読みたい→戸塚ヨットスクールが幼児教育を始めていてヤバイ。3歳児にビンタ、4歳児を海に放り投げる

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. こういう非合理的な価値観の押し付けが、バブル期以前の日本においてはそれなりの成功を収めてきたという事実からは、目を背けてはいけない。
    日本では合理的な思考が未だ成熟していなく、くだらない平等主義が蔓延していることもまた事実なのである。

     
  2. テレビ見て夏休みの高校生の宿題みたいな感想文をネットにアップロードして、寄付を募る。
    こんなことをしてる間に同級生だった人たちは着々とキャリアを身に付けている。
    ネットギークに関わる人間は自らの人生の生産性を見つめ直す必要があるのではないか?

     
  3. バブル以前~どうもこういう研修ビジネスって胡散臭いと思ってましたよ
    結局、極限状態にさせて間違った連帯感を刷り込ませるという洗脳方法ですよ

    背後に
    かの国の影が感じられます…

     
  4. 実は、十数年前に参加し、13日間だけで14位で突破した。

    しかし、この様子を見ると、私が参加したときより難易度がはるかに上がっていそう。
    多分、参加人数が減少して、13日間で卒業させると、経営的に成り立たなくなっているのかもしれない。

    自分の精神の限界点を試すには良いと思うが、それを部下に強制するようにはしてはいけないと思うが、派遣した企業や参加者は戻ってから部下に強制してしまうのだと思う。

    それと、この企業のプログラムは営業で教えるノウハウは、泣き落としも使えというようなアドバイスも創業者が書いた書籍にあり、それを2冊で1万3千円くらいで売りつけられる。
    そういうやり方が、本来の営業と言わんばかり。過去と今では営業方法が異なる。やはり自社メリットがどのように具体的にプレゼンできるかなのだが、ここではそういうことに費やす時間は少ない。それと営業では苦情が多い企業、例えば大〇建託、の社員が大挙して参加していた。ブラック企業の特攻隊養成所のようなところ。

    ここは、自分の精神的限界を試すにはよいが、それを他人に行ってはいけないことを肝に銘じてなら参加しても良いと思うが、それ以外は絶対勧めない。

     
  5. 元 佐川急便 2018年3月11日 at 10:17 PM

    上司がこの 特訓に行き 帰って来て 意味不明な気合いで みんなにぱっぱをかけていたが 一週間経ったら元に戻っていた

     
  6. まぁ、参加しても居ない人がちょっとした上っ面を面白おかしく流すだけだからね。
    参加した人もこの内容じゃついて行けない・卒業できないことで批判に回るだろうし、ついて行けた人も批判する人が多いんじゃないかな?
    人格否定もされるようだし。
    で、ここで何も得ることができなかったのか?今回、一発卒業できた人で編集していたはずだけど職場に戻ってからの本人からの評価ってあったっけ?
    会社側の評価ってあったっけ?
    そもそも研修内容の激しいところだけで中身はほとんど放送されず。
    講義の合間の移動とか休憩時間とか駅前で歌わされるとか・・・・・
    大声の意味だけは流していたな。
    研修自体はどんなものでどういう意味を持ってやってるんだろう。

    外注が楽って意見には賛同するけど、会社が指導するとパワハラやらなんやら、それ以前に全くインプットされない人が多いからね。
    普通にスルーされる。
    この研修も本当に要らないものなら存続していないだろうし、いずれ無くなるものでしょう。
    でも、大なり小なりよく似た研修会社は存続しているし新規に設立もされている。
    金額も似たり寄ったり、なんならもっと高額なものもある。

    でも結局は単なる自己啓発セミナーなんだよね?
    期待しているから参加させて何かに気づかせたいわけでしょ。
    どうでもいい人なら高い金を払ってまで研修に参加させないでしょう。

     
  7. 私も数年前に行ってきました。
    取り敢えず卒業も致しました。
    意味が有るか無いかで言えば、ほんのちょっとは有る気がします…が、やり方が辛気臭い気もします。
    講師はチンピラや仙人の様なナリで、逆に現代の社会に適合出来ている人間の様には見えません。
    一応会社対会社の事ですので、暴力はありませんがイコール自衛隊の入隊から数日目迄に行う気合い教育の真似事です。
    はい、私は元自衛官なので正当性を社長から言われても中年の遊びだって事は分かります。
    そもそも足りないものは気合いや根性ではなく、考える力や自己発信能力だと思いますのでこの訓練だと退化してしまうと思うんです。
    まぁ、少なくとも意味が有ると言うのは声くらいは普通に出そうよと思う人間が多いので、その位でしょうか…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!