netgeek

3

ヒステリーを起こした玉木雄一郎「我々は国民に選ばれて質問している!」※ただし支持率0%

腹BLACK 2018年2月27日
 

希望の党の玉木雄一郎代表が裁量労働制をめぐって安倍総理に激怒し、かつてないまでに声を荒げる場面があった。

ヒステリーを起こす玉木雄一郎代表と呆れて笑う安倍総理。

玉木雄一郎「我々は多くの議席を得て質問しております。総理!何がおかしいんですか!馬鹿にして笑う話なんですか?そこに安倍政権の傲慢さが表れているんじゃないですか!なんでこんなに笑えるんですか!おかしいでしょ!なんでそんなに野次を飛ばすんですか!総理大臣が文句を言う!なんなんですかこれは!許せない!!!!(大声)」

玉木雄一郎代表が声を荒げる間、安倍総理は笑ったり「おかしくない」と言い返したりとやりたい放題。

激怒し続ける玉木雄一郎代表とは対照的に、特に最後のほうは呆れたような表情をしていた。

さて、ここから安倍総理の返答。

安倍総理「それはあまりにも玉木議員が興奮されるから。落ち着いた議論をしましょうよ。働き方の話なんですから。(中略)事実を皆さんが全く認めないのであれば働き方改革の議論ができないわけでありますから、もう本質の議論ではないなと思って私が『どうなのかな』という表情になったということをご理解頂きたい」

笑われていたのは議論の中身ではなく玉木雄一郎代表自身だったということか。改めて動画を見ると、玉木雄一郎代表は明らかにヒステリーを起こしており、平常ではない状態であることが分かる。

特に致命的だったのは「我々は国民に選ばれた代表として質問している」という趣旨の主張を口走ったこと。そもそも希望の党については小池百合子に期待した人が多かっただけであり、元民進党議員らでクーデターを起こした玉木雄一郎代表は全く期待されていない。

最新の世論調査では希望の党の支持率は0%という前代未聞の数値が出た。

参考:希望の党の支持率が0%に

ただでさえ信用されていない玉木雄一郎議員が代表になり、そこに香典問題がブーメランとして返ってきた。このような現状がありながら国民から支持されている安倍総理に対して、全く支持されていない玉木雄一郎議員が文句を言うのは間違っている。

頑張れば頑張るほど周囲に笑われる。それが今の玉木雄一郎代表だ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. テレビではこれを何処も報道しないね。益々、テレビ離れが進んでいて結構です。我か家、職場ではテレビや新聞は「中立報道しない反政府勢力」のプロパガンダだから信じないようにと徹底。
    そろそろさあ、純粋な日本人の為の純粋な日本国の為に
    (これも削除されるのか!)

     
  2. 当時、確かに希望の党が一部の国民から支持されていたかもしれない。でもそれは玉木代表の時ではない。
    当時ですら一部の支持に留まっていて今は支持すらされていない。
    国民の代表ヅラはやめてほしい。

     
  3. でも 支持率0は 胡散臭すぎる
    多分 1%下回って これ切り捨てで良いよね
    という感じかもしれない

    後 秘書の香典渡し タイミングが悪すぎる

    多少 悪人でも 力強く言う人の方が良い
    そういう理由で 選ばれたんだよ
    この人はね
    だから 足立議員と刺しで(選挙区違うけど)やりあったら
    絶対負ける

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!