netgeek

1

1月31日は3つの現象が重なる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が見える日

腹BLACK 2018年1月29日
 

非常に珍しい3つの現象が1月31日に同時に起こる。滅多にない現象なので31日の夜は是非とも空を見上げてほしい。

赤い月が最も大きく見える日。

31日は以下の3つの現象が重なる。

・満月が最も大きくなる「スーパームーン」

・ひと月で二度、満月になる「ブルームーン」

・月食の際、月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」

要するに赤い月が大迫力の大きさで見えるという話だ。観測のピークは22時半で方角は東~南。NASAは通常の月よりも14%明るく観測できると予想している。

参考までに過去に撮られたスーパーブラッドムーンの写真を載せておく。

あわせて読みたい→トイレットペーパーの芯で自撮りすると月になれることが判明

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 「ブルームーン」「ブラッドムーン」は合ってますが、
    「スーパームーン」は2018年は1月2日の満月の事をさしています。
    1月31日は残念ながら違いますので、ご注意下さい

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!