netgeek

0

Amazon.com(アメリカ)の商品を代行業者Gooppingで買ってみた

腹BLACK 2018年1月28日
 

日本のAmazon(Amazon.co.jp)ではなくアメリカのAmazon(Amazon.com)で買い物をしたいと思ったことはないだろうか?今回netgeek編集部が代行業者を使って実際に注文してみた。

買い方は実に簡単。日本語だけでOK。

まず代行業者「Goopping(グッピング)」で会員登録をする。名前や住所を入力。

※Gooppingはアメリカの会社だが日本にも法人を構えている

次に商品を注文する際に(1)転送サービスか(2)購入代行サービスを選ぶ。

オススメは購入代行サービスのほう。これはAmazon.comの商品URLを入力するだけでGooppingが代わりに注文してくれるというサービスだ。転送サービスを選んでしまうとAmazon.comで自分で会員登録をして配送先にGooppingの住所を入力することになる。英語力が必要なのでちょっと面倒。

1月13日、netgeek編集部は絵画を3つ注文した。

1月14日、Gooppingから「注文が完了しました」とメールが来た。

1月19日、Gooppingの倉庫に荷物が届いたとメールが来た。Gooppingにログインして注文品を確認。丁寧にも写真を撮ってくれている。

ここで問題があれば返品の流れになる。

1月23日、残りの2つも到着。ここまで注文から10日間。絵画なので制作に時間がかかったのかもしれない。

これで全部揃ったので商品にチェックマークを入れて、配送依頼のボタンを押す。Gooppingに取られる購入代行手数料は3,165円と10%ほどになった。

※細かな金額設定があるので「国際送料・ご利用料金見積もり」で確認してほしい。

あとは届くのを待つのみ。おおよそ5日~7日で届くとのこと。

配送状況については「注文履歴」の「貨物追跡」から確認することができるので安心。

1月28日に気になって見てみると、倉庫からロサンゼルス空港を経て日本に到着していた。あとは税関のチェックを通ったら届きそうだ。

1月31日、無事荷物が届いた。輸入の税金として代引き手数料を1,200円ほど支払った。商品によってはさらに関税がかかることもあるので注意。

大きめのダンボールがはるばるアメリカからやってきて感動。※開封した後に撮影したのでテープがぐちゃぐちゃになっている。

中は問題なし。こうして日本では売られていない絵画を飾ることができた。手続きは思っていたよりもずっと簡単だった。

こんな便利なサイトがあったとは。購入代行サイトは他にもいくつかあるので手数料が安いところを探すといいかもしれない。

注文から18日で届いた計算だ。結局、約3万円の商品に対して4,500円ほど手数料がかかった。通常は手に入らないものも、こうして代行業者を使えば簡単に購入できるというのは嬉しい。

あわせて読みたい→【爆誕】XBORDERはアメリカamazonの激安商品を代わりに買ってくれる超絶神サイト

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!