netgeek

4

インド「聞いて!横断歩道を3Dにしたら事故が激減したの!」

腹BLACK 2018年1月16日
 

インドの道路交通・高速道路大臣であるニティンガッカーリ氏が素晴らしく費用対効果の高い施策を見つけたと発表した。

横断歩道の塗り方を立体的にしてみたら、ドライバーがみんなスピードを落とすようになった。

▼細長い棒が宙に浮いているように塗る。すると…。

▼ドライバーはなぜか皆揃ってスピードを落とすようになり、事故が激減したのだ。

▼すごい!宙に浮いている!車が突っ込んだら突き刺さりそう。

▼赤だとよりインパクトが強い。インドでは横断歩道を歩行中に車が突っ込んでくる事故がよく起きていた。

▼交通事故を減らすこんなに簡単な方法があったとは…。

世界各国で簡単に導入できるこの方法、日本でも一部地域で試験的に導入してみてはどうだろうか。ニティンガッカーリ氏は自身のTwitterで成果を報告し、ネット上で絶賛されることになった。これでは全くガッカリではない。

なによりコストが大してかからず、簡単に導入できるところが素晴らしい。3D横断歩道はこれから世界のスタンダードになる可能性を秘めている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 既得権益の官僚社会の日本で出来るかな。
    出来るなら是非導入して欲しいね。
    通学路から早めにして欲しい。

     
  2. 「日本でも一部地域で試験的に導入してみてはどうだろうか。」って…

    これ、何年も前から日本も含め他の国でも実施されてるやつじゃないの?
    どこが発祥かは分かりませんが、ネットでも簡単に事例が探せますよ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!