netgeek

6

田原総一朗がウーマン村本を指名しておもちゃにしていることが判明

腹BLACK 2018年1月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

朝まで生テレビで無知を晒して炎上したウーマンラッシュアワーの村本大輔が、出演は田原総一朗の指名だったと明かした。本人は指名された理由に首を傾げる。

番組中、田原総一朗に怒鳴られたウーマン村本「自分はなぜ呼ばれたのだろう?」

これは端的に言えば、田原総一朗が視聴率を稼ぐために珍獣を出演させているだけ。以前より田原総一朗は番組をプロデュースする立場で司会を進め、ときには場を盛り上げるために本心ではない質問をぶつけたり、わざと怒ったふりをしたりすると言われてきた。

炎上した動画でも田原総一朗は「自衛隊に違憲説がある理由を教えてほしい」というウーマン村本に対して「(憲法9条を)読めよちゃんと!」と激怒する様子をみせていた。

だが、そんなウーマン村本を指名し続けているのは紛れもない田原総一朗なわけで、もはや真剣な議論の場をつくるためというよりも、おもちゃとして使っているというのが実態なのだろう。

最後の「クレームは田原さんと朝生へ」という責任逃れの一文が非常にダサい。しかし、こうした子供じみたところがあるからこそおもちゃとしては使うのが面白いのだろう。

事実、田原総一朗は炎上騒動の最中でこんな感想を述べている。

久しく聞かなくなった「炎上マーケティング」ということなのだろう。現在、ネット上でウーマンラッシュアワー村本大輔をバッシングしている人はまんまと田原総一朗のマーケティングプランに操られ、手のひらで転がされている状態なのかもしれない。

ただ最も悲惨なのはウーマン村本。一連の言行について、ここに来て急に美談にしようと試みるも無理がありすぎる。

▼ポエマーデビュー。炎上した後に周囲への反発心から自己正当化に走って、しょうもないポエムを披露するようになるというのはよくあるパターン。

▼無理のある自己正当化。

▼誰も質問していなにのに自分語りを始める。

▼批判が収まらないので精神的に不安になって発言を撤回する。これも典型的なパターン。

▼屁に向かって何を必死に連投しているのか。

例えばホリエモンのように炎上しても絶対に意見を曲げない人には信者とも呼ぶべき熱烈なファンがつくが、こうしてころころ意見を変える人にはアンチしかつかない。ウーマン村本の最大の弱点はその頭の悪さ以上にメンタルの弱さにあるということが分かった。

主義主張やポジションがブレブレで、その酷さはSEALDsでも助走つけて殴るレベル。田原総一朗はずいぶんといいおもちゃを見つけた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. ホリエモンの場合はある程度の知識と信念があるからな
    妄想甚だしい村本とは同列には語れない

     
  2. 「戦争で攻めてきたら降伏する」みたいな事をラッシュアワーは言っているけど
    ベトナム戦争みたいに「赤い国になれ」みたいな赤い国 vs 資本主義の勢力争いもある。

    この場合、戦勝国の領土が広がるわけではない。
    どちらかというと「思想を押し付けられる」みたい解釈の方が近い。

    だからラッシュアワーが「俺の考え方の流儀は正しいんだ!」なんて言うのは
    無抵抗に矛盾している。国家同士の「俺の考え方の流儀は正しいんだ」は戦争の理由になるんだ。

     
  3. 田原総一朗って、60年代からそういう人なんだよねw
    右とか左とかの主張があってやってるんではなく、予定調和をぶち壊したいだけっていうか。
    垢ピとか侮日などのマスゴミが反日してるのとはちょっと違う。
    ただ、昔と違って、今は特亜の危機が現実のものになってるし、ネットの普及でマスゴミの嘘がばれてるから、非難されてるけど。

     
  4. “議論をする目的は、特定の主張を含む三角ロジックについて参加者がその不備を洗い出すことによって、その主張を精密で頑健なものにすることです。”
    “私たちが入手できるデータは常に不完全です。また、考え出すワラントも常に不完全なものです。
    それを分かった上で、その不完全な部分をできるだけ小さくすることで、主張を頑健なものにしたいのです。”

    『4. 主張を組み立て、議論する – 向後研究室教材サイト』の「4.3 議論の方法」より
    By 向後研究室, 表示 – 非営利 – 継承 2.1 日本, 4. 主張を組み立て、議論する

    ちなみに三角ロジックとは説得力のある主張をするためのテンプレートのようなもの。
    「データ」「ワラント」「主張」から成る。

    例:上空に雲がある(データ)。じきに雨が降るだろう(ワラント)。よって傘を持って出掛けるべきだ(主張)。

     
  5. 【主張に反対する方法】
    主張に反対する方法は、「質疑(しつぎ)」、「反駁(はんばく)」、「反論(はんろん)」の3種類がある。

    ・質疑…主張のデータまたはワラントの正当性を問うこと
    ・反駁…主張のデータまたはワラントの不備を指摘すること
    ・反論…主張とは結論が対になる三角ロジックを提示すること
        (元の主張と同じデータが含まれているのが望ましいのかもしれない)

    なお、主張そのものには反対できない。
    (主張とは、データとワラントから自然に導き出されるものであるから。(これは、このコメントの書き手の私見))

     
  6. 【反対の例】

    室温が30度だ(データ)
    窓を開ければ室温が下がり、快適になる(ワラント)
    窓を開けた方がいい(主張)

    上記の主張に対する反対の例を下に示す。

    ・質疑の例
    データに対して、「なぜ30度だとわかるのか?」
    ワラントに対して、「なぜ窓を開けると室温が下がるのか?」

    ・反駁の例
    データに対して、「温度計が狂っている」
    ワラントに対して、「外の方が気温が高ければ、室温は下がらない」

    ・反論の例
    「室温が30度だ(データ)」
    「クーラーを入れれば、室温が下がり、快適になる(ワラント)」
    「窓を閉めた方がいい(元の主張とは結論が対になる主張)」

    以上、※4のサイトを参考に編集

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!