netgeek

0

アメリカでルームサービスを頼んだらロボットが届けてくれてびっくり

腹BLACK 2017年12月20日
 

アメリカのホテルに泊まった男性がルームサービスを頼んだところ、R2D2のようなロボットが届けてくれたと驚きの感想を漏らした。

完全に一人で働く偉いやつだよ!

▼これは米Savioke社が開発したデリバリー専用ロボット「Relay(リレイ)」。

▼エレベーターに自分で乗って目的地まで移動する。

▼受け取り後の挨拶は喋るのではなく「ピポー」と鳴るところがまた可愛らしい。

出典:https://twitter.com/buddhobhagavan/status/939655843636588544

驚いた男性は「ついエレベーターまでロボットを見送ってしまった」とその後のエピソードを明かした。これまで人がやっていた仕事をロボットがやるようになったなんて未来感が半端ない。

Relayは高性能で以下のような特徴を備えている。

・障害物を避けることができる

・エレベーターと連携しており、自分でエレベーターに乗り降りできる

・ドア前につくと内線電話をかけてお知らせ

・10万回以上の配送実績あり

Relayがホテルで活躍する様子をおさめたCrown Plaza Hotelの動画も必見だ。

また、豪華客船ロイヤルカリビアンクルーズでは世界初となるロボットバーテンダーが登場した。備え付けのタブレット端末か自分のスマホでアプリを使って注文するとロボットバーテンダーがお酒を入れてくれる。

こちらもまた未来感が半端ない光景だ。今はまだよほどのセレブしか利用できないようだが、今後はコストダウンが進んで普及していくだろう。いずれバーテンダーという職業はなくなるに違いない。

その後、ネット上では品川プリンスホテルにもRelayが導入されているという情報が寄せられた。

出典:https://twitter.com/reLukyR009/status/915506431016673280

見た目はルンバを細長くした感じ。Pepperのように人間の姿には似せておらず、荷物を運びやすい形に工夫されていることが分かる。

品川プリンスホテルで撮られた動画。

人工知能の開発が進む中、一部の職業はロボットが代わりに担当するようになると予測されている。ビル清掃員、宝くじ販売員、受付係…。右下のほうにホテル客室係も入っている。

一方で代替可能性が低い職業も。アート系やプロデューサーの仕事はロボットにはまだ無理ということか。

人間の仕事がどんどんロボットに奪われていく。そんな未来は恐ろしくもあり、また楽しくもある。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!