netgeek

1

情熱大陸に出た落合陽一、カレーをストローで吸う

腹BLACK 2017年11月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

若手研究者として注目される落合陽一(開成高校、筑波大学出身)が情熱大陸に出演し、奇妙な食事風景を披露した。

これが落合陽一の食事風景だ!

レトルトカレーの封を少し開け、隙間からストローを差し込んでまるでジュースのように飲む。カレーは飲み物という有名になった言葉を体現すべくカメラの前で堂々とした食事風景を見せつけた。

落合陽一にとって食事とはただのエネルギー補給にしかすぎないのだろう。味を楽しむという目的は皆無。カレーをストローで吸うという奇行に通りすがりのおばあちゃんも驚いていた。

この画像はネット上で拡散され、落合陽一は伝説となる。一体この人物は何者なのか!?ざっと情報をまとめてみた。

・東京大学大学院学際情報学府博士課程修了

・Pixie Dust Technologies incを創業

・ジセカイ株式会社を創業

・筑波大学学長補佐

・大阪芸術大学客員教授

・デジタルハリウッド大学客員教授

・父親は政治ジャーナリストの落合信彦

・叔父は空手家(和真流宗家)の落合秀彦

放送の様子をもうしばらく見てみよう。

▼どんな紹介文だ。

▼無の表情でごくごく流し込む。

▼こんなシュールな情熱大陸は初めて見た。

▼肩書は科学者。

▼感想を聞いてみるとまずそうな顔で「おいしい」と答えてくれた。ストローにカレーが詰まっているのが気になる。

▼スタッフはもちろんツッコミを入れる。

▼よく分からない…。

▼「現代の魔法使い」という異名を持つ人物は普通ではない。

落合陽一はご飯でお腹が一杯になると眠くなるのでこうしているのだという。研究に没頭し始めるとグミやガムが主食になるとのこと。

 

▼その後デスクの前で…また吸ってる!

▼こんな無茶な生活をして体を壊さないといいのだが…。

ちなみに落合陽一が白い服を着ない理由はデスノートのLみたいになってしまうから。確かに…。

研究に情熱を燃やし、食事は二の次にする落合陽一。その発想は常人離れしている。

しかしよく考えてみればウィダーinゼリーのようなかっこいい雰囲気で「飲むカレー」を発売したら忙しい人に売れるのではないだろうか。保存性が高く、いつでもどこでも気軽に食事できるのが売り。どこかのメーカーに本当につくってもらいたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!