netgeek

1

トランプ大統領、韓国の文大統領に怒り「あいつは何を考えているんだ。何なんだあいつは」

腹BLACK 2017年11月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アメリカのドナルド・トランプ大統領が韓国を訪問した際に文在寅大統領に激怒したという情報が飛び交っている。

北朝鮮への対抗策でトランプ大統領は圧力を選んだのに、文大統領はそれに反対し話し合いを要求した。

すでに有名になった通り、トランプ大統領は安倍総理を大いに信頼しており、安倍総理の「金正恩は話し合いで解決できるような相手ではない」という意見に賛同した。拉致被害者と会い、各国に取引停止を求めるなど着々と準備を進めてきたのにここに来て文大統領が反対。

対話は平行線のまま終わり、その後トランプ大統領は安倍総理に「文大統領はおかしい」と怒りをぶちまけたという。それもそのはず、韓国はトランプ大統領の訪韓にあわせて徹底して日本への嫌がらせを仕組んでいた。

晩餐会に反日メニューを出し、文在寅大統領はトランプ大統領に日本の悪口を吹聴。トランプ大統領はすでに信頼関係ができている安倍総理のほうを信じ、ストレスを感じながら韓国での日程をこなした。

トランプ大統領の現地でのぎこちない様子はネット上で大変話題になった。

(1)握手を無視?

(2)ハグを手で制止しつつ、したふり。

一方で日本でのにこやかな振る舞いはすでに多くのメディアが取り上げた通り。安倍総理の高いコミュニケーション能力で良好な関係が築けている。

トランプ大統領「皆さんは素晴らしい首相を選んだね。僕もきっと彼に投票するよ」

最高の褒め言葉を投げかける。

そして拉致被害者にも会ってくれた。

日本のマスコミはあまり報じないが、これはビッグニュースだ。

アメリカの政府関係者は、トランプ大統領が安倍総理を尊敬していると証言する。

元アメリカ国務省・日本部長のケビン・メア氏「トランプ大統領は安倍総理を尊敬している。安倍総理は指導力を発揮しているし安定しているし、強いリーダーシップを発揮している。トランプ大統領は『シンゾーさんはどう言っているか?』とよく聞く。安倍総理の意見を聞きたいんです。首脳会談で話す内容を決めるのは官僚。でも個人的な関係があるから官僚によってふるいにかけられない意見交換ができる」

トランプ大統領が当選した際に速攻で会いにいった安倍総理。当時はアメリカの犬だという批判も聞かれたが、今ではむしろ安倍総理のほうが主導権を握っていると表現してもおかしくないほど。

韓国の文在寅大統領の作戦は見事に失敗し、むしろ嫌な奴と認識されるだけになってしまった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 韓国訪問中のトランプ大統領の笑顔が少ない。
    明らかに不快感をもっていることが分かった。
    奇しくもテレビニュースで。笑

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!