netgeek

3

【速報】安倍総理「北朝鮮の35関係団体の資産凍結に踏み切る!明日実行する!」

腹BLACK 2017年11月6日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ドナルド・トランプ大統領の訪日で北朝鮮問題に対する動きにさらに進展があった。安倍総理は日米首脳共同記者会見にて関係団体(個人含む)の資産凍結に踏み切ると公表した。

思い切った反撃だ。

安倍総理「北朝鮮の核ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の解決のため、追加的な独自の制裁措置を取ることを決断しました。北朝鮮の35団体、個人の資産凍結を明日、決定します」

さらりと発表しているが、資産凍結というのはかなりの攻撃だ。かねてより日本には北朝鮮にこっそりと送金している団体があると噂されてきた。政府は資金の流れをしっかりと追い、リストをつくることでいつでも反撃できる体勢を整えていたのだ。

これより前、安倍総理とドナルド・トランプ大統領の呼びかけで多くの国が北朝鮮と取引を停止した。資金源がなくなりつつある北朝鮮は兵糧攻めにあっている状態で、長くはもたないと予想される。

日米首脳共同記者会見の注目シーン。

(1)トランプ大統領がウインクからのスマイルでチャーミングな顔を見せる。

(2)安倍総理が北朝鮮を降参させるまで追い込むと宣言。

安倍総理「北朝鮮情勢に対し日米が100%共にあることを確認しました。中国、ロシアを含む関係国に働きかけを行い、国際社会全体で北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていかねばならないと考えています。私もトランプ大統領も紛争など望んでいないわけであります。挑発を繰り返す北朝鮮の政策を変えさせるために圧力をかけていく。北朝鮮から政策を変えるので話し合いたいという状況をつくることが大事。トランプ大統領と考えが一致した。」

(3)トランプ大統領が横田めぐみさんについて言及。

トランプ大統領「横田めぐみさんのご両親にお会いしました。1977年に子供のときに拉致されました。子供はこんな残虐な思いをするべきではありません。40年間も親がこれだけ悲しみの中で過ごすべきではありません。私の国にもオットー・ワームビアという若者がいました。この話はご存知だと思います。恐ろしく悲しい話です。こういったことはもう起こらせてはいけません」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!